ホーム » 2007 » 10月 » 22

日別アーカイブ: 2007年10月22日

2007年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

廃棄モニター寄付ネタ

協力先から、「廃棄の液晶モニター20台いりませんか?」の連絡をもらう。 学科でもいくつか欲しいけど、それでも余る。ということで電気科の先生にも 連絡し、すべて活用できそうな話がまとまった。 FN 10/23 にもらいにいくが、IBM製で対応 AC アダプタが無いとか、RGBケーブルが無い とかいう理由で使えない物も多く、20台以上あったけど最終的に13台ほどもらう。 行き先はあっというまに決まり、CRT の廃棄で運び出しも加わり、それなに疲れた… /FN しかし20台の受け取りに行くのが大変。 この数日、 ITフォーラム準備&撤収、 子供の保育園の70周年参加&撤収、 地区の公民館祭りの準備&撤収と、慣れない肉体労働が続いている。 明日は講義のない日なのでフリーといいながら、肉体労働を避けたいのであった。

ちなみに今日は、プロコン関連のバタバタで乱雑な部屋だったんだけど、 学生さんに「部屋片付いてないねぇ…」の冷たい言葉を頂き、 足の踏み場もない部屋を、相対的にマシになった程度…に片付ける。
# ということで、今日もちょっぴり肉体労働…

2分探索木の生成時の問題と再帰による木の走査

前回の2分木の生成に続き、問題点の説明。 昇順データなどを与えると、一方向に伸びる木になり遅いことを説明。

次に、2分木の走査処理として、再帰を用いたリスト処理を説明。 2分木の count(),sum(),print() を学生さんにチャレンジしてもらう。 来週は、演習。

時間が余ったので、再帰の重要性を説明し、そのネタの発展で、 ゲーム木の話をする。オセロ、チェス、将棋、囲碁のゲームの難しさと、 コンピュータによる思考プログラムのレベルを紹介する。

画角狭すぎ…

ありあわせの機器で作った小型ロボット だけど、実際に走らせると、当初の 320×240 では USB1.1 の速度もあり、 んで、176×144 に落としたら、今度は 位置を車体前から、20cmほどのフレーム上に移動したけど、 30cm前の10cm×10cmほどしか見えない。 このままでは、制御には使いづらいので、 携帯電話用の魚眼レンズ KSW-2改 を発注。(私費購入ばっかりしてるなぁ…)
# めどがついたら、機材をまとめて研究費で買おう…
焦点距離の問題もあるので、Webカメラのレンズ部は色々と改造が必要かも。

2007-10-22-00.jpg