ホーム » 電子情報

電子情報」カテゴリーアーカイブ

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

第80回情報処理学会全国大会で卒研内容を発表

教育の情報化フォーラム

3月8日に、総務省主管による「教育の情報化フォーラム」が開催されました。

この中で、福井高専・電子情報工学科が協力している2件の報告がありました。

  • 発達障害者プログラマーの育成と就労に繋げる支援とメンターの育成(福井大学)
  • IchigoJamでものづくり
    地域人材を生かして行う、ものづくりを通した科学技術体感型授業(ナチュラルスタイル)

2017年度電子情報工学科の卒業研究発表会が開催

今年は、大雪の休講の対応で予定より1日遅れで開催された、卒業研究発表会となりました。

大雪による2/6,7の後期期末試験日程

 2月6日(火)・7日(水)実施の後期期末試験について

標記の件について、試験期間中の降雪の影響を鑑み、2月6日(火)
及び 2月7日(水)に予定されていた試験・授業については、下記の通り
実施します。

なお、今回の措置に伴い、時間割変更等を行う場合は、再度連絡いたします。

          記

〇試験日程等の変更について
2月 6日(火) 専攻科2年は90分繰り下げて期末試験を実施する。
         1年~専攻科1年は休業とし、2月6日に予定されていた
         試験については、2月13日に実施する。

2月 7日(水) 全学年90分繰り下げて試験・授業を実施する。
# 2/6 14:30 2/7も休業となりました。公式情報を御覧ください

2月13日(火) 当初2月6日に予定されていた試験を実施する。
         2月13日(火)に予定されていた授業を2月22日(木)
         に実施する。

〇公共交通機関の遅延による遅刻について
 公共交通機関の遅延により、試験に遅刻した学生については、追試験願・
遅刻届・遅延証明書を学生課教務係に提出することで、追試験の受験が
可能です。
 ただし、公共交通機関の遅延により遅刻した場合においても、途中から入室し、
試験を受験した学生については、追試験を受験することはできませんので、
ご注意ください。

共生社会シンポジウムでインターンシップの報告

共生社会シンポジウムでオムロン京都太陽さんでのインターンシップ報告

高専プロコン開催概要-第29回阿南大会

全国高専プロコン第29回阿南大会の大会の開催概要が発表となりました。

  • ITの未来はここにあるでないで!
  • 全国高専第29回プロコン(阿南大会)の主な大会日程(予定)
    募集期間:平成30年5月18日(金)~5月25日(金)

    • 予選(書類による審査)
      • 日時 平成30年6月23日(土)
      • 会場 東京都立産業技術高専品川キャンパス
        (東京都品川区東大井1-10-40)
    • 本選(プレゼン・デモ等による審査、競技は対抗戦)
  • 課題部門テーマ  ICTを活用した地域活性化

補足資料

他校生との共同作品でふくいソフトウェア大賞受賞

福井県産業支援センター主催のふくいソフトウェアコンペティション2017にて、他校の学生さんと共同作品で5EI野村くんらのグループが、ふくいソフトウェア大賞を受賞しました。

G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール

12月16日に「G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール」の最終審査会が開催され、小越研究室の5EI田中さん(発表),北本くん,高島くん,三田くん,1PS西塚くんで応募した「快適なバリアフリーツアーのためのガイドマップアプリ:さぽっち」が、(株)PFUより奨励賞を頂きました。

福井国体カウントダウンボード

鯖江市からの依頼により、電子情報工学科3年の学生さんたちが協力して、 福井国体のカウントダウンボードを作成しました。
このボードは、鯖江駅にて展示されています。

APIEMS2017に参加

APIEMS2017で発表

12月4日~12月6日にインドネシアのジョグジャカルタで開催されたAPIEMS(アジア太平洋工業技術経営学会)にて、電子情報工学科の学生・教員(専攻科山田くん,5年三田くん,田中さん,北本くん,高島くん,野村くん,教員小越先生,西先生)が、研究内容や成果を発表してきました。

慣れない英語での発表でもあり、事前に英語科の先生に原稿の添削や発表練習にもご協力いただき、ありがとうございました。

ガジャマダ大学で研究交流

発表を終えた翌日には、インドネシアの国立大学ガジャマダ大学の近い研究分野の先生の所を訪問し、ガジャマダ大学・福井高専の相互の紹介に加え、学生同士が研究内容の情報交換などを行いました。

IchigoJamをAPIEMSやガジャマダ大で紹介

学会やガジャマダ大学では、本学科OBの福野氏が開発したIchigoJamなどをデモも行いました。

ボロブドゥブール遺跡見学

ガジャマダ大学の訪問の後、飛行機のフライトまでの最後の時間には、世界遺産となっているボロブドゥール遺跡を見学しました。