ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 自走模型の制御実験3回目

2004年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

自走模型の制御実験3回目

模型制御だが、9V(006P),5V(レギュレータ後),3V(モータ用乾電池)を 間違えて回路が動かない例が多い。モータ制御ICが20Vまで電源を 選ばないので、壊れていないけど。 でも、もう一つの動かないネタは、単3乾電池×2。マンガン電池だと ちょっと動いたら、モータ制御IC内部の電圧ドロップで電圧不足。 モータも電流加えてるけど動かないから、電流消費が激しい…の 悪循環で、あっと言う間にモータを回せないみたい。 このため、乾電池は4個積みにしないとダメみたい。

この様なトラブルもあるなか、単3電池が新しかったチームは、 妙なモータトラブルに巻き込まれずに、動作確認が完了。 来週からも動くチームが出そうだけれども、 今回のチームは電圧不足もあるため、参考記録にしておこう。

青野・玉邑・山本

  • 時計周り 45.2秒
  • 反時計周り 53.0秒(後半は電池不足が原因)

最初の動作チームだけあって、こちらの準備も不完全。 このため、車体への基板や電池の取り付けが、 ガムテープといういい加減さ。