ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 講義録 » 情報制御基礎 » 実数の扱い・レポート-No.1

2018年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

実数の扱い・レポート-No.1

プログラムの制御構造と実数の取扱いの確認として、以下のレポートを次回講義までに提出せよ。

No.1-1 制御構造

以下の3つ(No.1-1-1,No.1-1-2,No1-1-3)の問題から、No.1-1-「(自分の出席番号 % 3)+1」について、プログラムのフローチャートを描き、その実行順序を20ステップめまで答えよ。

レポートには、

  • 元プログラム
  • フローチャート
  • 実行順序
  • 変数の変化がわかる内容

を明記すること。

No.1-1-1

No.1-1-2

switch-case 文は説明していませんが、挙動をよく調べて回答してください。

No.1-1-3

No.1-2 実数の扱い

自分の携帯電話番号(もしくは家の電話番号)の末尾4桁のうち、2桁を整数部、末尾2桁を小数部として、その値を2進数に変換した結果を、計算方法が判るように答えよ。ただし、結果の2進数の小数部は8桁まで答えよ。

例えば、0778628278 ならば、82.78 )10を、xxxxxxx.xxxxxxxx )2 のように答えること。