ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 工場見学旅行1日目

2004年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

工場見学旅行1日目

体調不良で欠席の学生が1名でるが、その他は順調に学生も集まり、 これから4日間の始まりです。

松下技術館

大阪の松下技術館を見学。松下の歴代の製品や新しい技術を展示している パビリオン的な所で、マナー等は神経質に注意も不要であった。 しかし学生も技術的な面白さからまじめに見学をしていた。 ちょっと案内のお姉さんの説明とは別なものを見たり、勝手に機器を 触ったりとちょっとまずいかなと思いながらも、皆面白く見学していました。

展示の最初が、「環境」の方が「ユビキタス」より先に展示されている のは時代を表していると痛感する。SDメモリの説明に力を入れているのも、 少し意外であった。

海遊館

天保山にて最初に海遊館を見学。興味の薄い学生は、早々にマーケットプレイス に移動していたが、下から見上げられる巨大水槽を面白く見学していたかな。

2004-11-08-00.jpg

天保山マーケットプレイス

大きなお土産屋さん的な所であるが、大阪の食べ物を色々と満喫。 私はピザタコ焼きを試す。昼食がボリュームがあり、ここで予想以上の チーズこてこてに、ちょっと反省。
同じくシュークリーム展覧会なるものをやっていた。 中谷先生のみつけた、ロシアンシュークリーム (6個入り抹茶クリームシューの1つはワサビ入り)を学生と試す。 ワサビはTN君がゲット、御愁傷様。

フェリーにて

フェリーでは外洋を経て九州いり。 夕食ではKN君の大量の食欲が、外野のお客さんやレストラン従業員さんを 交えて盛り上がる。最初の夜は、盛り上がり具合を心配するが、 予想範囲内であった。 しかし深夜に「騒がしい部屋を避けたFS君が行方不明騒ぎ」が発生するが、 実は灯台元暗しで、欠席学生のベッドで寝ていただけであった。 しかしこの緊張感のお陰で、翌日からも行動をお互い牽制しあい、 羽目をはずす学生が減ったと思う。