ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 講義録 » 情報制御基礎 » 入出力と変数・レポートNo.2

2018年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

入出力と変数・レポートNo.2

以下のような、位相が 0°,15°,30°,45° ずれた sin(x) のグラフを描くためのプログラムを作りたい。

Excel で式入力すりゃいいじゃん…というのはナシ。

0 =A1+15 =B1+15
=A1+5 =sin((A2+B1)/180*3.141592) =sin((A2+C1)/180*3.141592)

// 以下のプログラムは、初心者なら書きそうなボケが沢山入ってます。
// 正しく直してください。
#include <stdio.h>

#define PI = 3.1415926535 ;
int th ;

void phase( int x ) {
    printf( "%d" , x ) ;
    // 位相を0度から45度まで15度ずつ変化させる
    for( th = 0 ; th <= 45 ; th += 15 ) {
        printf( " %d" , sin( (x + th) / 180 * PI ) ) ;
    }
    printf( "¥n" ) ;
}

int main() {
    // 角度を 0..360度 の範囲で表示
    for( th = 0 ; th != 360 ; th += 5 ) {
        phase( th ) ;
    }
    return 0 ;
}

このプログラムを正しく修正し、Excel に値を取り込んで、上図に示すようなグラフにしてください。

レポートでは、プログラムリスト、プログラムの説明、実行結果、感想・考察を記載し提出してください。