ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » NXTでLEDを制御

2009年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

NXTでLEDを制御

NXTの外部に自作のモータやセンサーを接続するための実験。

配線

参考記事を元に、 NXTのアナログポートに、抵抗とLEDを接続。

ANA(1)--1KΩ--LED--AGND(2)

NicoSensor基板では、アナログポートを使わないのでラッピングワイヤで、 ANA(1),AGND(2)をユニバーサル基板領域まで延長し、 ジャンプワイヤで配線できるようにICソケット丸ピンを挿しておく。

拡張ブロックの追加

元記事では、『NXTのサイトから、RCXのブロックを使用できるようにする追加ブロックを入れて…』 と書いてあるので、LEGO(R) MindStorms NXT Software Updatesより、 Legacy Block Library(English) [PC用] をダウンロード&解凍。 すると"Legacy_Blocks_EN-US"というフォルダが作られる。

"LEGO MINDSTORMS Education NXT"を起動し、 "ツール"-"ブロックのインポートとエクスポートのウィザード…"を選び、 "インポート"タグの、"次から読み込み:" の"閲覧"ボタンを押し、 先ほどの"Legacy_Blocks_EN-US"フォルダを指定し、"OK"を押す。 すると、"インポートするブロックを選択してください"と表示されるので、 RCXのブロックで使う"Motor*"と"Lamp*"を選ぶ。 (Ctrlキーを押しながら2つを選ぶ) "パレットにブロックを追加"の欄には、"拡張機能"を選び、 "インポート"ボタンを押すと、ランプ*とモータ*が追加される。

このように機能を追加した後であれば、パーツを指定するタブの"拡張機能"を選ぶと、 "Lamp*"が使えるようになる。

LEDを点滅させてみる

実験として、LEDを1秒周期で点滅させてみる。

無限の繰り返し {  // プログラムっぽく表現
Lamp*( Port=A, Action=On, Intensity=50% ) ;
待機( コントロール時間, 1秒まで ) ;
Lamp*( Port=A, Action=Off ) ;
待機( コントロール時間, 1秒まで ) ;
}