ホーム » 電子情報 » プロコン » プログラミングコンテスト学内審査

2007年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

プログラミングコンテスト学内審査

創造工学演習での取り組みとして提出された作品と、 クラブからの応募の学生の作品と併せて審査を行った。

創造工学演習では、最後に実際に完成できるものを目標として、 企画書作りとしたため、高専プロコンの予選を通過できそうな作品は 少ない。しかし、その中から課題2作品、自由1作品、を選定、 競技部門については2チーム応募となったが、 提出必須書類では判断に困るため、追加資料の提出を待ち、 再度選定となった。

予選通過作品

  • 自由部門: 「飛び回る君であれ」 〜スポーツカイトシミュレータ〜(4EI:創造工学演習)

    スポーツカイトのシミュレータを作り、複数機でのデモフライトを目指す。 凧の糸の操作系の開発が大変と思われる。

  • 課題部門: 「はり絵でワッショイ」 (4EI:創造工学演習)

    子供の「はり絵」遊びしているキャンバスを Web カメラで撮影し、 その絵から連想されるキャラクターの動きを Flash で表現する。 Flash の制限を自分のPC内部の Web サーバを動かすなどの必要があるだろう。

  • 課題部門: 「わいわいキャンバス」 (Java同好会より参戦)

    複数の Wii リモコンで、キャンバス上で同時にお絵書きできる環境を構築。 表示系を Java で作る予定だけれど、jig 福野氏開発中の Java との中継ドライバ を利用予定。

  • 競技部門:複数の参加希望者を想定していなかったため、 不十分な資料であったり選考基準が曖昧なので、資料の再提出+再選考とする。