ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » リスト処理の導入

2004年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

リスト処理の導入

前回説明した、配列に次のデータの場所を保存する手法と対比しながら、 リスト構造の説明を行う。次のデータの場所を覚える、末尾には目印として NULLを入れておくなど。

struct List {
int          data ;
struct List* next ;
} ;
// 最初は、手作業で示す。
struct List* top ;
top = (struct List*)malloc( sizeof( struct List ) ) ;
top->data = 12 ;
top->next = (struct List*)malloc( sizeof( struct List ) ) ;
top->next->data = 34 ;
top->next->next = (struct List*)malloc( sizeof( struct List ) ) ;
top->next->next->data = 56 ;
top->next->next->next = NULL ;
struct List* p ;
for( p = top ; p != NULL ; p = p->next )
printf( "%d\n" , p->data ) ;

簡単な練習として、リスト処理で合計やら検索などを演習させる。 来週は、入力しながらリスト生成などを示す予定。