ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 講義録 » 情報構造論 » ポインタ処理

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最新の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

ポインタ処理

ここからは、次のメモリの消費を考慮したプログラムの説明を行うが、ポインタの処理に慣れない人が多いので、ポインタを使ったプログラミングについて説明を行う。

値渡しとポインタ渡し

大きなプログラムを作成する場合、変数名の使い方には注意が必要となる。大域変数は、どこでも利用できるが、間違った使い方をすると値が予想外の変化があったりするため危険である。一方で、局所変数を使うと、関数呼び出しでデータの受け渡しに注意が必要となる。

値渡し(call by value)

// 値渡しのプログラム
void foo( int x ) {  // x は局所変数(仮引数は呼出時に
                     // 対応する実引数で初期化される。
   x++ ;
   printf( "%d¥n" , x ) ;
}
void main() {
   int a = 123 ;
   foo( a ) ;  // 124
               // 処理後も main::a は 123 のまま。
   foo( a ) ;  // 124
}

このプログラムでは、aの値は変化せずに、124,124 が表示される。

言い方を変えるなら、呼び出し側main() では、関数の foo() の処理の影響を受けない。このように、関数には仮引数の値を渡すことを、値渡し(call by value)と言う。実引数の値は、仮引数の変数に copy し代入される。

でも、プログラムによっては、124,125 と変化して欲しい場合もある。
どのように記述すべきだろうか?

// 大域変数を使う場合
int x ;
void foo() {
   x++ ;
   printf( "%d¥n" , x ) ;
}
void main() {
   x = 123 ;
   foo() ;  // 124
   foo() ;  // 125
}

しかし、このプログラムは大域変数を使うために、間違いを引き起こしやすい。

// 大域変数が原因で予想外の挙動をしめす簡単な例
int i ;
void foo() {
   for( i = 0 ; i < 2 ; i++ )
      printf( "A" ) ;
}
void main() {
   for( i = 0 ; i < 3 ; i++ )  // このプログラムでは、AA AA AA と
      foo() ;                   // 表示されない。
}

ポインタ渡し(call by pointer)

C言語で引数を通して、呼び出し側の値を変化して欲しい場合は、(引数を経由して関数の副作用を受け取るには)、変更して欲しい変数のアドレスを渡し、関数側では、ポインタ変数を使って受け取った変数のアドレスの示す場所の値を操作する。このような値の受け渡し方法は、ポインタ渡し(call by pointer)と呼ぶ。

// ポインタ渡しのプログラム
void foo( int* p ) {  // p はポインタ
   (*p)++ ;
   printf( "%d¥n" , *p ) ;
}
void main() {
   int a = 123 ;
   foo( &a ) ;  // 124
                // 処理後 main::a は 124 に増えている。
   foo( &a ) ;  // 124
}               // さらに125と増える。

C言語では、関数から結果をもらうには、通常は関数の返り値を使う。しかし、返り値は1つの値しか受け取ることができないので、上記のようにポインタを使って、呼び出し側は:結果を入れてもらう場所を伝え、関数側は:指定されたアドレスに結果を書き込む。

変数の寿命とスコープ

変数の管理では、変数の寿命スコープの理解が重要。

静的変数:変数は、プログラムの起動時に初期化、プログラムの終了時に廃棄。
動的変数:変数は、関数に入るときに初期化、関数を抜けるときに廃棄。
もしくは、ブロックに入るときに初期化、ブロックを抜けるときに廃棄。

大域変数:大域変数は、プログラム全体で参照できる。
局所変数:関数の中 or そのブロックの中でのみ参照できる。

ブロックの中で変数が宣言されると、そのブロックの外の変数とは別の入れ物となる。そのブロックの中では、新たに宣言された変数が使われる。

int i = 111 ;    // 静的大域変数

void foo() {
   int i = 222 ; // 動的局所変数
   i++ ;
   printf( "%d\n" , i ) ;
}
void bar() {
   static int i = 333 ; // 静的局所変数(プログラム起動時に初期化)
   i++ ;
   printf( "%d\n" , i ) ;
}
void hoge( int x ) {    // x: 動的局所変数(値渡し)
   x++ ;
   printf( "%d\n" , x ) ;
}
void fuga( int* p ) {   // p: 動的局所変数(ポインタ渡し)
   (*p)++ ;
   printf( "%d\n" , (*p) ) ;
}
int main() {
   int i = 444 , j = 555 ;
   foo() ;      // 223 (副作用ナシ)
   bar() ;      // 334
   hoge( i ) ;  // 445 (副作用ナシ)
   fuga( &j ) ; // 556
   printf( "%d\n" , i ) ;
   foo() ;      // 223 (副作用ナシ)
   bar() ;      // 335
   hoge( i ) ;  // 445 (副作用ナシ)
   fuga( &j ) ; // 557

   printf( "%d\n" , i ) ;                     // 444
   for( int i = 0 ; i < 2 ; i++ ) { // (a)    // A:0
      printf( "A:%d\n" , i ) ;                // B:0
      for( int i = 0 ; i < 2 ; i++ ) { // (b) // B:1
         printf( "B:%d\n" , i ) ;             // A:1
      }                                       // B:0
   }                                          // B:1

   printf( "%d\n" , i ) ;  // 333 ← 要注意C言語のバージョンによっては
                           //       2 になる場合あり。(a)の変数iの値
   return 0 ;
}

ポインタの加算と配列アドレス

ポインタに整数値を加えることは、アクセスする場所が、指定された分だけ後ろにずれることを意味する。

// ポインタ加算の例
int a[ 5 ] = { 11 , 22 , 33 , 44 , 55 } ;

void main() {
   int* p ;
                               //            p∇
   p = &a[2] ;                 // a[] : 11,22,33,44,55
                               //       -2    +0 +1
   printf( "%d¥n" , *p ) ;     // 33  p[0]
   printf( "%d¥n" , *(p+1) ) ; // 44  p[1]
   printf( "%d¥n" , *(p-2) ) ; // 11  p[-2]

   p = a ;                  //      p∇
   printf( "%d¥n" , *p ) ;  // a[] : 11,22,33,44,55
   p++ ;                    //       → p∇
   printf( "%d¥n" , *p ) ;  // a[] : 11,22,33,44,55
   p += 2 ;                 //           → → p∇
   printf( "%d¥n" , *p ) ;  // a[] : 11,22,33,44,55
}

ここで、注意すべき点は、ポインタの加算した場所の参照と、配列の参照は同じ意味となる。

*(p + 整数式)p[ 整数式 ] は同じ意味 (参照”悪趣味なプログラム”)

特に配列 a[] の a だけを記述すると、配列の先頭を意味することに注意。

ポインタインクリメントと式

C言語では、ポインタを動かしながら処理を行う場合に以下のようなプログラムもよくでてくる。

// string copy 配列のイメージで記載
void strcpy( char d[] , char s[] ) {
   int i ;
   for( i = 0 ; s[ i ] != '¥0' ; i++ )
      d[ i ] = s[ i ] ;
   d[ i ] = '¥0' ;
}

int main() {
   char a[] = "abcde" ;
   char b[ 10 ] ;
   strcpy( b , a ) ;
   printf( "%s¥n" , b ) ;
   return 0 ;
}

しかし、この strcpy は、ポインタを使って書くと以下のように書ける。

// string copy ポインタのイメージで記載
void strcpy( char* p , char* q ) {
   while( *q != '¥0' ) {
      *p = *q ;
      p++ ;
      q++ ;
   }
   *p = '¥0' ;
}
// ポインタ加算と代入を一度に書く
void strcpy( char* p , char* q ) {
   while( *q != '¥0' )
      *p++ = *q++ ;    // *(p++) = *(q++)
}
// ポインタ加算と代入と'¥0'判定を一度に書く
void strcpy( char* p , char* q ) {
   while( (*p++ = *q++) != '¥0' )   // while( *p++ = *q++ ) ; でも良い
      ;
}

構造体とポインタ

構造体を関数に渡して処理を行う例を示す。

struct Person {
   char name[ 10 ] ;
   int  age ;
} ;
struct Person table[3] = {
   { "t-saitoh" , 55 } ,
   { "tomoko" ,   44 } ,
   { "mitsuki" ,  19 } ,
} ;

void print_Person( struct Person* p ) {
   printf( "%s %d\n" ,
           (*p).name , // * と . では . の方が優先順位が高い
                       // p->name と簡単に書ける。
           p->age ) ;  // (*p).age の簡単な書き方
}

void main() {
   for( int i = 0 ; i < 3 ; i++ ) {
      print_Person( &(table[i]) ) ;
   // print_Person( table + i ) ; でも良い
   }
}

構造体へのポインタの中の要素を参照する時には、アロー演算子 -> を使う。

練習問題(2018年度中間試験問題より)