ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 卒研(斉藤) » システム開発のジレンマ

2018年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

システム開発のジレンマ

現在、他の先生と共同で発達障害者支援システムの開発をしているけど、3/21に利用者を交えた事例検討会があった。

参加者の意見交換の中で、いくつかのシステム作りのジレンマを感じる意見があった。簡単にまとめると…

「支援システムのおかげで、支援能力は2倍になった。でも便利だからこそ、保護者は先生から3倍のサポートを期待する。」(N倍は感覚をわかってもらうための便宜的な数字)

この両者の不足分の「1」は…

  1. 先生への過度の負担にならないか…
  2. コンピュータ屋的には、PDCAサイクルもう1周まわして4倍にすりゃいいじゃん…でも、その開発費はどこから?
  3. ICTによる支援も大事だが、親と子供の直接の関わりを疎遠にさせてはいけない。