ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » cifsでマウントしたディレクトリをsamba共有かけたら…

2013年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

cifsでマウントしたディレクトリをsamba共有かけたら…

バックアップ用のNASを、Debian/Linuxなサーバに接続して使っているが、 その一部フォルダを、サーバ利用者にバックアップ用に使ってもらおうと、 さらに samba で共有をかけた。 しかし、そのディレクトリ内部は、すべてファイル扱いされるトラブルが発生。

状況をメモ

NASは、下記のような設定で、automount されるようにしてある。 この /nfs/nas は、個別にアクセスができることは確認済み。

(( /etc/auto.nfs ))
nas -fstype=cifs,rw,credentials=パスワードファイル,
uid=xxxx,gid=xxxx,file_mode=0664,dir_mode=0775
://XX.XX.XX.XX/path

このディレクトリを、他の利用者にも活用してもらうために、 samba のファイル共有で公開する。
# 直接 NAS を利用者に使わせるのは、NASの設定が面倒なのでパス

(( /etc/samba/smb.conf ))
[nas]
path = /nfs/nas
write list = @group
read list = @group
create mask = 0775
directory mash 0775
force user = nobody
browseable = yes

しかし、この公開されたファイル共有を Mac OS X で接続すると、 /nfs/nas の内部のファイルは見えるんだけど、ディレクトリが、 ファイル扱いを受けてしまい、ディレクトリ内部にアクセスできない…

(( 確認 ))
iMac$ ls -al /Volumes/nas
-rwxrwxr-x 0 xxxxxx xxxx ..... dir1  ← ディレクトリなのに...
-rwxrwxr-x 0 xxxxxx xxxx ..... file1

ひとまず動いたのは…

色々設定を試したけど、どうも サーバ側の samba がおかしい様子。 ひとまず、以下の設定をはずしたら、ディレクトリとして 扱われるようにはなった。

(( /etc/samba/smb.conf ))
- unix extensions = no
+ # unix extensions = no   ← コメントアウト