ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 緊急連絡システムの”~”の文字化け対策

2013年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

緊急連絡システムの”~”の文字化け対策

緊急連絡システムの利用者の方から、 「URL内の”~”が文字化けして、利用者確認のURLにアクセスできない」といった トラブルがあるとのご指摘を受けた。

その方の話をまとめると、緊急連絡システムの末尾に付けられる利用者確認のURLの行が、 Docomo の SPモードメールなどで、” ̄”に書き換えられてしまうため、らしい。

送信:http://XXX.fukui-nct.ac.jp/~emc/alive.php?.....
受信:http://XXX.fukui-nct.ac.jp/emc/alive.php?.....

URLの中の”~”は、ホームディレクトリを表すために、広く一般的に用いられている URL の 記号文字であり、こんなものを書き換えてしまう SP モードメールがアホと叫びたいけど、 なんらかの対応を…と考えてみた。

緊急連絡システムのプログラムに、大きな変更を加えたくないので、 URLを “~”無しでもアクセスできるように変更し、 メール送信時に、”/~emc/…” で送信すべき場所を “~”無しのURLの ”/emc/…” で送信するように変更した。

RewriteEngine on
RewriteRule ^emc/(.*)$  /~emc/$1 [L]