ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » データベースとSQL

2012年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

データベースとSQL

データベースの説明で、最も中心的なSQLについて説明を行う。

SQLの基礎

データベースでは、記録されているデータの読み書きは、SQLという言語を用いる。 SQLでは、射影・結合・選択を表す処理で構成される。

SELECT S.業者番号          -- 必要とされるデータを抽出する射影 --
FROM S                  -- 複数のテーブルを組合せる結合 --
WHERE S.優良度 >= 20 ;  -- 対象となるデータを選び出す選択 --

Sは、テーブル名であり、文脈上対象テーブルが明らかな場合、フィールド名の前の テーブルは省略可能である。

教科書ではいきなりSELECT文から説明が始まるけど、その前にテーブルってなに? といった疑問もあるだろうから、あらかじめ CREATE TABLE 文、DROP TABLE文、 INSERT VALUES文などを紹介する。

CREATE TABLE S (           -- Sはテーブル名 --
業者番号 CHAR(5) , -- フィールド名の後ろに型を記載 --
業者名   CHAR(20) ,
優良度  INTEGER ,
所在地  CHAR(20) ) ;
INSERT TABLE S (業者番号,業者名,優良度,所在地)
VALUES('S1' , 'ABC社' , 20 , '福井' ) ;
DROP TABLE S ;             -- テーブルSのデータを消す --

演習として、実験するために、 Web上でSQLを走らせる環境の使い方の説明を行う。 来週は、SQLのもう少し発展させた、集約関数や副クエリ文などを説明し、演習へ…