ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » ふくいITフォーラムにてバトリオと同じドットコードによるアンケート

2009年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

ふくいITフォーラムにてバトリオと同じドットコードによるアンケート

10/22,23の両日、ふくいITフォーラムの展示に参加してきた。 その会場では、ブースを見学すると赤・青・黄のシールをもらえて、3つそろうと景品がもらえるくじ引きができるようになっている。1等20型TV,2等デジカメということもあり、多くの参加者がくじ引きをした。 私も、出展の合間にブース見学でくじ引きに参加し、ティッシュ(;_;)をもらった。 ただ、その際に、見学の感想アンケートをするんだけど、その記入用紙が興味深かった。

微妙に灰色に見えるアンケート記入用紙に、特殊なボールペンで丸をつけるだけで自動集計される。


出展元掲載の拡大されたニセモノバトリオコード

この用紙、整備不良のコピー機でコピーしたようにうっすらと灰色がかったように見えるけど、実はコーディングされたマイクロドットが一面に印刷してあり、小型カメラのついたボールペンが、マイクロドットを読み取りアンケート結果を自動で集計できる優れもの。 一枚のアンケート用紙の回答項目毎に、違うマイクロドットが印刷してあるみたい。 これと同じ技術は、ゲームセンターのポケモンバトリオに使われている。最初これを見かけた時は、100円のパックにRFID内蔵させているものと思っていたけど、実は パック表面に印刷されたマイクロドットを読み込んでいる。

ちょっと疑問だったのは、マイクロドットが印刷されているから、安いコピー機やプリンタ用紙だと、読み取りエラーが多発すると思うんだけど、用紙はボールペン書き込みで使い捨て。逆に考えれば、ちょっと高めの解像度のコピー機?プリンタ?であれば十分、印刷できるということなんだろう。 ITフォーラムの会場なんだし「このアンケート用紙、面白いでしょ!!」と、 もっと説明してもよかったんじゃないかと….