ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 初期ガイダンス+OOPとは

2008年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

初期ガイダンス+OOPとは

初期ガイダンスとして、評価方法や授業内容の予定を説明する。 その後、オブジェクト指向が出てきた背景を、

  • 100行プログラマー:順序に注目、
  • 1000行プログラマー:データに注目 (構造化プログラミング:処理の構造化,データの構造化), LI 10000行プログラマー:データが複雑になって苦労する…
    全体の把握が辛いから、ブラックボックス化して捉えないと理解に困る…

に象徴させて、オブジェクト指向の意義を説明する。 その後、最初の導入として、他学科学生向けに構造体の説明を行う。