ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » ハッシュ法(チェイン方式)

2005年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

ハッシュ法(チェイン方式)

前回の講義の続きとして、 ハッシュ衝突があった時にアドレスを再計算する、 オープンアドレス法(クローズドハッシュ法)の説明を行う。

この後、チェイン法(オープンハッシュ法)の説明を、リストを用いて説明する。 また処理速度について説明する。

  • データ件数<ハッシュ表サイズで O(1)
  • データ件数>ハッシュ表サイズで O(N)

毎年説明が混乱しやすいのだが、 オープンアドレス法=クローズドハッシュ で、 オープンアドレス法の別手法がオープンハッシュ法 。何が オープン で何が クローズ なんだか….
FONT COLOR blue # 用語を定義した奴、責任取れ!!、
紛らわしい用語を避けるのが技術者の鉄則であろうが…