ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 情報処理技術者試験の1回目

2004年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最新の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

情報処理技術者試験の1回目

学校の時間割の都合で火曜1限目が空きになった対策としての、 資格試験向けの補講の1回目を実施する。 当初は初級システムアドミニストレータからと思っていたけど、 基本情報処理を受けるという学生さんがいるみたいなので、 半々の時間配分とする。

初級シスアドが、記憶・知識系の問題が多いのに対し、 基本情報処理は、プログラム基礎・応用・論理回路の授業知識で 解ける問題が多いので、基本情報の試験の方が授業に結び付けやすいかな。

どちらにしろ、2つの試験の最初の5問程度を解説する。 基本情報処理から、 コンピュータでの数値表現 といった基本問題の解説。 初級シスアドからは、 メモリの種類やOSの使うメモリ量の計算等。 ISDN からみの設問に対応した雑学としてMODEM,ISDN,ADSL,FTTHといった流れの説明 も行う。