ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 2分木で式データの扱い

2003年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

2分木で式データの扱い

2分木で式データの扱いをするための座学と、 後半に先週の続きの2分木データ構造での課題作成。

式の扱いを説明するために、別手法の例として逆ポーランド記法(RPN)を説明する。 式の表現として、前置/中置/後置記法があること。RPNであればスタックで 簡単に計算ができることを説明。 補足として、演算子の右/左結合性についても例を上げて説明する。

最後に2分木で式を扱うための構造体宣言と、 ノードが演算子か数値かを区別するためのルールを決める話をして、 残りの説明は来週に。