ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 講義録 » 情報構造論 » 遠隔の小テストを実施

2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

遠隔の小テストを実施

遠隔授業の中、自分の担当科目で中間試験(小テスト)を実施した。学校としてはレポート課題で評価していいとの話なのでテスト形式の必要性はないけど、レポート課題方式ばかりだと後々の理解力が心配だし、やってみた。
Teamsでテスト問題を配布し、時間が来たらOfficeLenseで自分の回答をスキャンして、PDFで提出。問題は同じようなものを2つづつ準備し、出席番号が偶数なら、出席番号を2で割った値が偶数なら…で、問題が分散するようにしてある。問題の内容も、「図を交えて具体的に説明」といった形式の問題とした。
実施前は、OfficeLense使いこなせない学生が出ないか心配だったり、裏で情報交換で全員同じような回答にならないかの心配をしてた。でも、ざっと見た雰囲気だと、裏情報交換は少ないかなぁ。

裏で情報交換する可能性もあるけど、そこはあえて何も言わないようにした。「どうせ、みんな裏で情報交換するんだろーしぃ〜♪」といった雰囲気をだすと「だったら、やってもいいのか…」と思われるのもまずいので、実施方法だけを事前方法に伝えていた。