ホーム » 2013 » 11月 (ページ 2)

月別アーカイブ: 11月 2013

2013年11月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最新の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

2013年11月10日(第346回)

  • まるよし Train Pops ~ 国語と遊ぼう!  第30便  「ちりとてちん」
  • 遠足・工場見学旅行について
  • 高専デザインコンペティションin米子について

担当:前田勝(4EI)、山野(2C)、西(教員)

MyJVNによる更新チェック

最近のウィルスなどの侵入手口では、 古い Java を悪用した手口が多いらしい。

このことから、よく利用されているソフトの更新チェックが 重要となる。しかし、すべてのソフトの更新確認は、大変である。 でも、日本のセキュリティセンターの JPCERT などが監修し、 ブラウザで古いソフトをチェックしてくれるサービス MyJVN がある。

さっそく自宅マシンで実行したが、Java は自動更新がかかるので、 大丈夫であったが、ブラウザの FireFox などで警告がでてきた。 メインブラウザが Chrome だけど、ひとまず関連ソフトの更新を行った。

1311071839_877x571.png

(専攻科実験)RSSを用いた情報活用

インターネットでは、様々な情報が提供されているが、 これらの情報を効率よく見つけ出すには、労力を要する。 このため、インターネット上の情報サイトでは、 RSS(Rich Site Summary) と呼ばれる XML をベースとした、サイトの概要情報を提供している。 これらの RSS の情報は、 フィードリーダ というソフトを使うことで、 そのタイトル・概要をシンプルに表示してくれることから、 読者が興味のある記事を見つけやすくなる。

今回は、これらの RSS 形式のデータを活用するために、 自分の作成した情報の RSS データを作成したり、 一般に公開されている RSS フィードを読み込み解析し、 2次利用できるようにしたり、自分たちの使うインターネットと連動できる プログラム開発を、文字列処理の得意なプログラム言語である、Perl や PHP を用いて 作成することを目指す。

RSSと解析ライブラリ

RSSには、その発展の歴史の中から、少しづつ書式を変えながら発展してきた。 最初は、RDF と呼ばれる形式であったが、RSS 2.0 に発展する中で、 XML 形式による書式となった。 この他にも、RSS の問題点を改良した Atom 形式なども提案されている。

RSSのデータ形式は様々で、全ての形式に対応したプログラム作成は本来難しい。 しかし Perl や PHP では、便利なパーサ・ライブラリがあるので、RSSの情報の中から、 希望する情報だけを簡単に抽出することが可能となっている。

Perl で RSS 形式のデータを扱うために、今回は "XML::FeedPP"モジュールを使用する。 このライブラリは、RSS/RDF/Atom など様々な フィード形式に対応している。 XML::FeedPP の解説サイトには、データを入力・出力するなどの手続きの例が、 いくつか記載されているので、これらのサンプルプログラムを元にプログラムを作成せよ。

#!/usr/bin/perl
# 使用するモジュールを選ぶ
use XML::TreePP ; # use 文は C言語の #include みたいなもの。
use XML::FeedPP ;
# 日本語の文字コード変換モジュール
use Jcode ;
# 読み込むフィード
my $source = 'http://use.perl.org/index.rss'; # my は局所変数宣言
# RSSデータを解析し読み込ませる
my $feed = XML::FeedPP->new( $source );
# 記事全体の情報を表示
my $title = $feed->title() ;
# Jcode->new( "文字列" ) に対する変換コード(以下が利用可)
#   ->utf8 , ->unicode , ->jis , ->sjis , ->euc
print "Title: ", Jcode->new( $title )->utf8 , "\n";
print "Date: ", $feed->pubDate(), "\n";
# 個別の記事の情報を表示
foreach my $item ( $feed->get_item() ) {
print "URL: ", $item->link(), "\n";
my $title = $item->title() ;
print "Title: ", Jcode->new( $title )->utf8, "\n";
}
# foreach文は、配列要素すべてに対する処理ループを実行
# foreach $要素 ( @配列 ) { ... }

実験方法

プログラムの実験にあたり、 ファイルの編集にはファイル共有機能を使用し、 プログラムの実行にはターミナルソフト(TeraTerm)を使用する。

最初に、実験端末に TeraTerm がインストールしてなければ、 このページ先より入手し、インストールを行うこと。

サーバに接続し、プログラムを実行するには、TeraTermPro.exe を実行し、 Host:「tsaitoh.ei.fukui-nct.ac.jp /KR=UTF-8 /KT=UTF-8」, Service:SSH で接続し、 別途指定された ユーザ名 , パスワード を利用し、Login せよ。

ファイルを編集する際には、Windows 端末のファイル共有にて、 「¥¥tsaitoh.ei.fukui-nct.ac.jp¥ユーザ名」にてアクセスし、 login 画面が出たら、ユーザ名とパスワードを入力せよ。 Windows のエディタで、ファイルを編集し保存する際には、 「文字コード: UTF-8 , 行末コード: nl」を指定すること。

(( 前述の feed.pl を実行する場合 ))
$ perl feed.pl

最初の課題

上記のプログラムを動作させ、得られる結果などを確認せよ。 RSSフィードの http://…./…xml などは、Firefox などのブラウザであれば、 わかりやすいように表示をしてくれる。さらに、"ページソースを表示"などを実行すれば、 元々の XML 形式のデータを見ることもできる。

まずは、プログラムの内容などを確認したうえで、 インターネット上に掲載されている RSS フィードにどのようなものがあるか調べ、 これらの情報をどのように活用したら便利かアイデアを検討せよ。

ワイヤレス電力伝送技術の基本と実用化に向けた課題

電子情報通信学会北陸支部の学生向け講演会にて、東芝の研究開発センターの庄木裕樹氏をお招きして、ワイヤレス電力伝送のお話をしていただきました。

1311061521_2049x1536.JPG

緊急連絡システムの”~”の文字化け対策

緊急連絡システムの利用者の方から、 「URL内の”~”が文字化けして、利用者確認のURLにアクセスできない」といった トラブルがあるとのご指摘を受けた。

その方の話をまとめると、緊急連絡システムの末尾に付けられる利用者確認のURLの行が、 Docomo の SPモードメールなどで、” ̄”に書き換えられてしまうため、らしい。

送信:http://XXX.fukui-nct.ac.jp/~emc/alive.php?.....
受信:http://XXX.fukui-nct.ac.jp/emc/alive.php?.....

URLの中の”~”は、ホームディレクトリを表すために、広く一般的に用いられている URL の 記号文字であり、こんなものを書き換えてしまう SP モードメールがアホと叫びたいけど、 なんらかの対応を…と考えてみた。

緊急連絡システムのプログラムに、大きな変更を加えたくないので、 URLを “~”無しでもアクセスできるように変更し、 メール送信時に、”/~emc/…” で送信すべき場所を “~”無しのURLの ”/emc/…” で送信するように変更した。

RewriteEngine on
RewriteRule ^emc/(.*)$  /~emc/$1 [L]

2013年11月3日(第345回)

  • まるよし Train Pops ~ 国語と遊ぼう!  第29便 「ちりとてちん」
  • これからの季節の天気の話
  • 食べ物の話
  • おめでとうの話

担当:前田勝(4EI)、山野(2C)、五味(教員)

学生ものづくりプロジェクトによるLED照明

卒業研究で、太陽電池パネルの電力を利用した、電子情報棟非常階段のLEDによる夜間照明を作成中です。

学生のものづくり技術を、学校内の環境改善に実際に活用することを通して、 ものづくり技術を高めるプロジェクトとして作成しています。

ワード境界,共用体,列挙型

構造体の演習に引き続き、構造体の応用について説明する。

ワード境界

構造体の配列をメモリに格納する場合、ワード境界が問題となる。 最近のコンピュータでは、CPUの速度に比べ主記憶の速度は遅いため、 メモリを効率よくアクセスする必要がある。 このために、メモリ上のデータは、ワード単位で一括して読み書きされる。

struct Data {
   char      a[ 5 ] ;
   int       b ;
   short int c ;
} ;
struct Data array[ 10 ] ;

上記のような構造体があったとして、メモリー上に以下のように配置されていると、 array[0].b を参照する際には、04行と08行の2回のメモリアクセスがあって、 メモリ参照速度が低下する。

+0 +1 +2 +3
00 a a a a
04 a b b b
08 b c c a
12 a a a a
16 b b b b
20 c c a a

ワードアライメントを無視した配置

+0 +1 +2 +3
00 a a a a
04 a x x x
08 b b b b
12 c c x x
16 a a a a
20 a x x x

ワードアライメントした配置

このような、データを読み書きする際の、ワードの塊の境を「ワード境界」と呼ぶ。 また、右図のように、ワード境界をまたがないようにデータを配置することを、 ワードアライメントと呼ぶ。

もし、処理速度の低下より、メモリの有効利用が必要であれば、VC++であれば、”#pragma pack”や”gccの”__attribute__((packed))”などを指定する。

共用体

プログラムを作っていると、データが「名前と年齢」か「名前と住所」のどちらかで、 「名前と年齢と住所」が揃うことはない…という場合もある。この際に、”struct ..{ char name[] ; int age ; char addr[] } ; ” では、かならず3つのデータを覚えてしまい、メモリの無駄が発生するのが問題となる場合がある。 このようなときに使うのが共用体である。共用体では、中身のいずれかを覚えるために使う。 また、要素の記憶場所は共有される。

union AgeOrAddr {
   int age ;
   char addr[ 30 ] ;
} ;
struct NameAndAgeOrAddr {
   char name[ 20 ] ;
   union AgeOrAddr age_addr ;
} ;

データの記憶場所が同じことを確認するために、以下の様な処理を実行した結果も示す。

union A {
   char s[4] ;
   int  x ;
} ;
union A a ;
// 文字列の代入
strcpy( a.s , "ABC" ) ;
printf( "%8x\n" , a.x ) ;
// 配列の代入
a.x = 0x12345678 ;
a.s[2] = 0x99 ;
printf( "%8x\n" , a.x ) ;
(( 実行結果 ))
00434241     // 実験したコンピュータは Intel Xeon
11995678     // この結果より、リトルエンディアン なのが判る。

この結果は、CPUの内部が、ビッグエンディアン(68系,SPARC)か、リトルエンディアン(x86系)によって異なる。また、この順番はCPUの異なる間のネットワーク通信でも問題となることが多く、ネットワーク通信では、ビッグエンディアンを用いることになっている。

列挙型

カレンダーの処理などで、週のデータを扱う場合、日:0,月:1,火:2… と番号を振って その番号に応じてプログラムを記述する場合がある。

(( わかりにくいプログラム ))
int week = なにかの週番号 ;
if ( week == 3 ) {  // 3がマジックナンバー
   水曜日の処理 ;
}
(( わかりやすいプログラム ))
#define SUN 0
#define MON 1
#define TUE 2
:
if ( week == WED ) { // 読んでいて意味が判る
   水曜日の処理 ;
}
(( でも週と月を整数型で扱っているだけ ))
#define JAN 1
#define FEB 2
#define MAR 3
int week = 週の番号 ;
week = FEB ; // エラーにはならないけど、意味的に間違い。

列挙型は、以下の様な使い方をすることで、シンプルな書き方で定数に意味をもたせることができる。このため、型の間違いの確認もできる。

enum Week {
   SUN , MON , TUE , ... SAT
} ;
enum Month {
   JAN , FEB , MAR , APR , MAY , ... DEC
} ;
enum Week week = 何らかの曜日 ;
if ( week == WED ) {
   水曜日の処理 ;
}
switch( week ) {
case MON : 月曜の処理 ; break ;
case WED : 水曜の処理 ; break ;
// この書き方をすると、月水以外の処理が記載されていない
// ことをコンパイラが警告してくれる。
}
week = FEB ; // エラー:週の変数に月の値を代入することはできない。