ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 公開授業…

2012年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

公開授業…

今日の4年の授業は、他の先生に授業風景を見てもらう公開授業であった。 たった3名とはいえ、チェック目線でしゃべりを見られるのは、 緊張であった…

授業風景では、 (a)授業の程度、(b)学生の理解度、(c)黒板の使い方、(d)シラバスとの一致、 (e)学生参加意欲の向上のさせ方、(f)その他… という点で評価を受ける。

こういう時に、新しい授業方法の模索的な方法を公開授業で見せる人もいるかも知れないけど、 いつもどおりを評価してもらうべきとの思いもあり、 いつも通りのやり方での授業で望んだ。 唯一違うのは、授業メモの blog への記録は、授業後なんだけど、今回は ネタのヌケも恥ずかしいし、昨日中に記載しておいて、blog メモを見ながら…(^_^;

見学してくれた先生からの指摘は、長年慣れた科目でもあり大きな問題の指摘は なく無事に終わった。あったとすれば、テンポが早いかな…という点と、プログラムのコードを示すためやむ終えない だろうとの指摘の上で、字が小さいとのアドバイス。 でも、こればかりは、大講義室の上げ下げできる黒板じゃなきゃ、無理っす。 後は、黒板のチョークの色使い。といっても、テンポよく復習を説明した後に、 自分でも気づいていたけども、黄色のチョークで書き始めてしまったのよ…(T_T; んで、テンポが乱れるのもイヤだったので、 説明が一区切りするまで、黄色で通したのがまずかった。 見学が終わった後の後半でも、ちょろちょろ色使いは困ったりしたけど、 処理前後の違いを強調するために、色を替えても、白・黄・赤と使いきれば、 そろそろ限界。改めて、同じ図を書きなおしたりしながらの説明だった。(それまたいつもどおり…)

いつもどおりの授業の進め方で、それなりに好評化をもらえたので一安心でしたが、 いつもになく緊張した2コマ授業であった。 さて、この後は、指摘された改善点を、改善&実践したというレポートを含め、 提出しなければいけないのが、ちょっと面倒だけれども、いい刺激にはなったかな。