ホーム » 電子情報 » プロコン » プログラミングコンテスト学内選抜

2008年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

プログラミングコンテスト学内選抜

全国高専プログラミングコンテストの応募に向けて、学内選考を行った。 4EIの創造工学演習からの作品と、3EIの学生の競技部門への応募作品から 応募書類を見ながら選考とした。

プロコンの1高専の参加枠自由2作品、課題2作品、競技1チームであり、 選択基準は、以下のとおり。

DL DT 課題・自由部門 DD 説明の資料が適切に作られ、独創性があり、 本選に望んだ際に完成が期待できるもの。 DT 競技部門 DD 現時点で完成しているプログラムの完成度。 もしプログラムだけで判定ができない場合は、 学年の上位のグループとする。 /DL

選考結果は、

自由部門:"People Album"-人と人をつなぐ写真館-

4EI:藤澤、(指導)斉藤

DL DT 講評 DD 1人で取り組んだ内容でも、技術的な調査がなされている。 当初開発グループが同じだった4年競技部門参加希望者に、 協力してもらう予定。 /DL

自由部門:"Welfit"-Wiiバランスボードを用いたPC用フットマウスの開発-

4EI:上田、大石、曽根、高間、柳瀬、(指導)高久

DL DT 講評 DD Wiiバランスボードを用いる技術的な問題点については、 きちんと検討されているが、それを使ってどういったソフトを 作るのかが記載されていない。実際の応募までにもう少し 内容を書き加えてもらう。 /DL

課題部門:"CALMDAY"-写真を聴こう-

4EI:市波、長谷川、山内、(指導)奥田

DL DT 講評 DD 当初のアイディアに高久先生指導のアイディアを盛り込んで、 独自性がだせて、開発も本人たちの技術でこなせそう。 /DL

競技部門:"バグを出しても一人"

3EI:奥村、(指導)西

DL DT 講評 DD C# を用いて、テンプレートなどのデータ構造などを使いながら 基本的なGUI、経路探索などに取り組んでいた。 本選参加の際には、人力の部分も重要となるので、あと2名の 協力学生を追加してもらう。 /DL

全体の講評

近年のプロコンの作品の状況からすると、書類審査による予選通過は 厳しいかもしれない。しかし、創造工学演習の授業での取り組みとして、 学生の技量を越えたテーマ選択は、最終的な完成度や本人達のやる気から、 大風呂敷を広げないように配慮した。学内選考に漏れた作品については、 県内のソフトコンペや他のコンテストなどへの出品に向け、継続して開発 に取り組んでもらいたい。