ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 福祉機器への興味喚起

2006年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

福祉機器への興味喚起

プログラムコンテストの応募に向けてアイディア模索中。 アイディア3つをレポート提出となっているが、 昨年度みたいに『実現困難といった突拍子無さ』が無く、 現状の技術であるネタに留まっている。 既存技術例と、それに何を加えるべきかを考えるように指導する。

福祉機器の紹介

その話の中で、息の情報で文字入力という考えのネタがあった。 実現困難さの説明に加えて、現実にそういった技術の応用を期待されている事例 ということで、『伝の心』というソフトのことや、ALSといった病気について説明する。

十分に便利ですよ…

アイディアを生み出す事の難しさを感じてもらっているものの、 アイディアの出ない学生さんに、『じゃあ携帯とか使って不便と思うこと無い?』 と聞いたら『どの機能も便利ですよ…』との返事があった。
# エジソンさん、今の学生さんって、こんなんすよ….