ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 産学共同

産学共同」カテゴリーアーカイブ

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

緊急連絡システムでrblsmtpd

メモ:緊急連絡システムで、迷惑メールが届いている。変なリレーはされていないけど、エラーメールが配送できずに溜まってる。

設定を改めて確認して、迷惑メール対策が弱いのでブラックリストなメールサーバからの受信をしないように、rblsmtpd を導入。rblsmtpdの設定は、以前の運用経験からすぐに設定できるかと思ったけど qmail が systemd 用に設定ファイルが変わっているので、修正場所を探すのに手間取った。

icloud.com メールが届かない

qmail の DNS 512byte パケット問題のパッチをあてたものを使っているつもりだが、また緊急連絡システムのメールQueueが icloud.com 宛のメールで埋まっていた。

そこで、参考記事(icloud.comやme.comやhotmailにメールが届かない時)を参考に以下の設定を行った。

mail.add_x_header

(( /etc/php/7.0/apache/php.ini ))
mail.add_x_header = Off

smtproutes

(( /var/qmail/control/smtproutes ))
icloud.com:     mx1.mail.icloud.com
me.com:         mx1.mail.icloud.com
nifty.com:      smmx.nifty.com
hotmail.com:    mx1.hotmail.com
:

((2018/11/30))
icloud.com の情報を smtproutes に書き込んで、メールが流れるようになったけど、改めて確認したら、me.com 宛が詰まってた。”me.com:mx1.mail.icloud.com”を追加。

緊急連絡システムのOS更新など

緊急連絡システムのOSが、Ubuntu/trusty でそろそろ、サポート期間に近づいているので、OS の更新を行った。

Ubuntu 更新

更新自体は、do-release-upgrade コマンドで、xenial に更新が進む。

$ sudo do-release-upgrade

しかしながら、openssh-server が、更新でエラーがでて、かなり悩んだ。解ってみれば、単純なミスで、自作の /etc/init.d/script を書いてあったけど、その insserv ヘッダで、ssh をコピーしてヘッダ部の # Provides: sshd の行を書き換えてなかった。

このおかげで、insserv が、ssh はすでに登録されている…と勘違いしていた。

緊急連絡システムの文字コードUTF-8 に変更

Ubuntu の更新をかけたら、php5 が使えなくなったため、php7.0 に更新を行うが、これに合わせ、取り扱い文字コードを EUC-JP から UTF-8 に変更を行った。

緊急連絡システムは、内部でデータベースを利用せず、テキストファイルですべてを管理しているが、最初は利用組織毎の設定ファイルや、データファイルをエディタでチマチマと修正を始めたけど、大量の組織のため、途中で断念。perl でファイル名や記載時のエンコーディングを修正するスクリプトを書いて一発変換。

あとは、プログラム中のエンコーディング依存の部分を修正し、送信できることを確認してひとまず移行作業完了。

xenial の snapd いるの?

以前から発生していた、Ubuntu のサーバで snapd がうまくインストールできないトラブル。 install しようとすると古いバージョンを削除するときの prerm script でエラーとかいうメッセージがでるので、/var/lib/dpkg/info/snapd.prerm を編集して、エラーの出る処理の前に exit 0 を入れたりしながら、無理やり削除して、インストールを試みるけど、こんどは、postinst でエラー。

原因がつかめずに、四苦八苦していたけど、「バージョンアップして trusty を使っているなら、/etc/apt/sources.list などの中にある xenial 関係を消せ」という記事を見つける。

まさに、xenial を upgrade した trusty だったので、/etc/apt/ を探すと、php 関係のパッケージで、

deb http://ppa.launchpad.net/ondrej/php/ubuntu xenial main

というのが見つかったので、早々に消してみた。その後、”aptitude update ; aptitude safe-upgrade” を実行したけど、特にパッケージが消されたりもしなかったし、これで OK かな。

緊急連絡システムとメール分析システム

私が管理している丹南地区緊急連絡システムで、利用者の方から『「受信確認」作業をしているのに、記録されていない…』との相談を受ける。

メール分析システム

上記の現象は、昨年度に行った迷惑メールの分析システム対策が原因であった。

緊急連絡システムでは、ユーザに送った文面の末尾に URL を添付し、その URL をユーザにアクセスしてもらうことで、受信確認を行っている。

一方、連絡システムで、ユーザがメールアドレスを変更したり、ユーザ登録にミスがあると、相手に届かないメールが発生する。最近のメールシステムでは、プロバイダが迷惑メールの分析をすることがあり、この分析処理の中でメール内のURLを、分析システムがアクセスしていると思われる。

コレ以外にも、チャット表示形式のメールアプリでは、届いたメールの概要を確認するために、文中のURLをアクセスするものもある。このような処理が行われると、ユーザがメールを読んでいないのに、受信確認の URL をアクセスされ、受信確認が済んだことになってしまう。

最初、この現象を把握し状況を確認したら、このような分析システムの多くは逆引きできないIPアドレスからアクセスしていることが判明した。そこで、逆引きできないIPアドレスからの受信確認は、アクセス履歴を保存しないように改良を行っていた。

さらなる対策

しかし、今回相談を受け確認を行った所、逆引きできないIPアドレスの中に、通常のユーザからのアクセスも含まれていることが分かった。

そこで、今回以下のような改良を行った。

逆引きできないアドレスからのアクセスの場合には、以下のような送信フォームを表示し、ユーザが「確認」ボタンを押すことで受信確認の記録を行うようにした。

この方法は、ユーザが受信確認のために2回ボタンを押す必要があるが、止む終えないかな。

緊急連絡システムメンテナンス

大雪の連絡が飛び交う中、緊急連絡システムを確認したら、mailqueueに over 800 件の大量メール。配送に影響でているのかと色々と確認したら、メールアドレス間違いでエラーになったメールが各学校に送られていないみたい。

エラーメールが行き渡らないのは別途確認ということで、あまりにも大量なので強制的にエラーメールの未配送を選んで、メールを削除。

sakura.ioでIT人材育成

さくらインターネット様による高専のIT教育支援を受け、sakura.io,Arduino用シールド,IchigoJam が届きました。

これらの機材を使い、電子回路からインターネットへと幅広い開発の経験から、創造的IT人材育成にチャレンジします。

{CAPTION}

IT教育支援の共同研究(H30年3月まで)として、以下のテーマに取組みます。

  • sakura.ioを用いた、低学年でのIoT連携実験
  • おなじく、高学年での創造的なシステム構築演習
  • さくらのクラウドを用いた、クラウド環境実験
  • これらを応用した卒業研究

歯みがきロボコン工作教室

今年は、プッシュリベットを多用して、子供中心で作っても、早く組み立てができました。

1608212141_320x320.JPG

歯みがきロボコン工作教室マニュアル

例年、福井県歯科医師会さん主催で、お手伝いしている 歯みがきロボットコンテストでの夏休みの工作教室を明日に控え、 組み立てマニュアルを作成。

1608201059_449x488.PNG

Mashup Summit in FUKUI 2016 + 宇宙アイデアソン in 福井

Mashup Summit in FUKUI 2016

様々なインターネット技術を活用した作品のコンテストである 「Mashup Awards(マッシュアップアワード)」の受賞者を福井県に 招いて、開発裏話を交えた講演会が下記のように企画されています。

日時: 2016年2月20日(土) 14:00〜18:00
場所: 福井県産業情報センターマルチホール
URL : https://www.facebook.com/mashupsummit/

Mashup Award 11 で優秀賞を獲得した、福井高専電子情報OBの多田君も 講演を予定しています。入賞作品のデモなどもあります。

OBの講演もありますし、電子情報の学生さんも新しい技術習得の きっかけとして、参加しませんか?

宇宙アイデアソン in 福井 2016

上記講演会の午前中には、同産業情報センターにて、NASAが公開した 宇宙データを利用してソフト開発を行うイベント"Space Apps Challenge" を控え、そのアイデアを考える「宇宙アイデアソン」が開催されます。

日時: 016年2月20日(土) 10:00〜13:00
場所: 福井県産業情報センタービル 7階 コワーキングスペース
URL : https://upgradefukui.doorkeeper.jp/events/36715

このアイデアソンは、実際に開発を行うものではないので、 気軽に参加してみてはいかがでしょうか?