ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 緊急連絡システムにSendGridを使ったら

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最新の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

緊急連絡システムにSendGridを使ったら

丹南地区の緊急連絡システムを動かしているけど、最近はメールが届かないといった連絡を受けることも多い。

2021/09/10 については、docomo.ne.jp 宛のメールの配送でトラブルが発生し、設定を見直すことで無事に配送ができるように復旧することができました。

基本的に無料で提供しているサービスだけれど、Azure のサーバから送信すると、迷惑メールの送信者と誤認される可能性が高く、最近のキャリアではメールが届かないなどの問題が起こりやすい。

正しく配信されるようにするために、サーバを信用してもらえるような構成にすることも考えられるが、設定のメンテナンスの負担も懸念される。そこで、Azure サーバでメールを配信するための、有料サービス SendGrid を使うことを検討してみた。

最初に、有料システムを利用することになるので、どの課金体系を利用するのかを判断するために、現在の緊急連絡システムの月別のメール流量を集計してみた。この結果、最近ではコロナによる連絡も多いのか平均4万通/月のメールが流れている。多い時には、10万通を超える場合もある。(下図参照)

これを、元にSendGrid を使った場合の費用を算出してみる。一番安い料金 “Essencial 4k” では、1900円/月 (4万通/月,これ以上は、0.125円/通)、”Essencial 10k” では、3800円/月(10万通/月, これ以上は0.094円/通)となる。これを見ると、現状の平均 4万通 からしても Essencial 4k を採用すれば、約 年額 45,000 円 以下に収まると思われる。(下図参照)