ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » CTFのためのLinuxメモ

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最新の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

CTFのためのLinuxメモ

  • WSL2 のインストール
    • Linux環境を使う場合が多いので、WSL2(Windows Subsystem for Linux)をインストールしておきましょう。

ファイル関連

  • データ形式 encode / decode
    • MIME – メールで、テキストを文字コードを考慮して変換
    • base64 – バイナリファイルの変換
    • URL encode – WebアクセスでURLに情報を埋め込む
  • file – ファイルの種別判断
  • zip, unzip, gzip, gunzip – ファイルの圧縮解凍コマンド
  • strings – ファイルの中の文字として読める部分の抽出
  • more, less, lv – ページャ(ファイルビューア)
  • grep – 指定した特定パターンの行だけ出力
    • パイプ
  • hexcurse – バイナリエディタ
    • 4EI学生によると VSCode のプラグインで同等のものがあるらしい。
    • big endian, little endian, network byte order

ネットワーク関連

  • telnet – 特定のIPアドレス, ポートに接続して通信
  • nc – telnet より特化したもの
  • nslookup – DNS情報の参照
    • dig – nslookup をより汎用にしたもの
  • traceroute – ネットワーク経路
  • ping – ネットワーク死活確認
  • テキストブラウザ
    • wget – どちらかというと、ダウンローダ?
    • w3m – テキストブラウザ
    • curl – 様々なプロトコルで通信できる。
  • wireshark – パケットキャプチャ

OS関連

  • gdb – デバッガ
  • nm – オブジェクトファイルのシンボル情報出力
  • objdump – 逆アセンブラ