ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 講義録 » 情報ネットワーク基礎 » 2段階認証のTwitter設定例

2018年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

2段階認証のTwitter設定例

Twitterの2段階認証の設定は、以下の通り。(2018年1月時点)

最初に、パソコンのTwitterの画面右上のプロフィールと設定より、「設定とプライバシー」を選択。

このなかのセキュリティの欄の「ログイン認証を設定」をクリック。

2段階認証で、ワンタイムパスワードが送られてくる携帯電話の番号を登録する。

電話番号を記入し「コードを送信」を選ぶとショートメッセージで6桁のワンタイムパスワードが送られてくるので、それを入力する。

携帯電話を紛失すると、ログインができなくなるので、その非常事態用に、最終手段のバックアップコードが表示される。このログイン時のパスワードで、バックアップコードを入力すればログインできる。

このバックアップコードは重要なので、必ずどこかに保存しておくこと。