ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 講義録 » 情報ネットワーク基礎 » 2段階認証のGoogle設定例

2018年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

2段階認証のGoogle設定例

Googleでの2段階認証の設定方法は、以下の通り。(2018年1月での画面)

2段階認証の設定

Google の右上の「アカウント」のを選択すると、ログインとセキュリティの設定画面となる。

パスワードの設定画面の中の、2段階認証プロセスをクリックして設定を行う。

2段階認証の設定を行うと以下のような画面となり、現在のパスワード・携帯電話の番号などを入力する。

テキストメッセージを選ぶと、携帯電話のSMS(ショートメッセージ)で6桁の数字によるワンタイムパスワードが送られてくるので、それを入力することで設定が完了する。

認証アプリの設定

Google の2段階認証には、いくつかの方法があるが、最も簡単な方法は、”Google アプリ”をスマートフォンにインストールしておく方法。

Googleアプリ

この場合、2段階認証が必要になると、”Google アプリ“から「ログインしようとしていますか?(はい/いいえ)」と表示されるので、スマホ画面で「はい」を入力すれば良い。

Google認証システム

もう一つの方法が、Google 認証システムを使う方法。この方法は、時間(分単位)で変化するワンタイムパスワードを入力する方式。

最初に、Google 認証システムを使うためのQRコードが表示されるので、Google認証システムアプリで読み取ると、ワンタイムパスワードが表示されるようになる。