ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 絶対PATH/相対PATH演習+C言語のファイル

2012年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

絶対PATH/相対PATH演習+C言語のファイル

今週は公開授業週間ということで、私のプログラミング応用も見学を受けた。 同じ学科の先生だし妙な緊張もなく、いつもどおり。
# 気合が少し入ったのか声の大きさは20%増しだったかも。

先週の絶対/相対PATHの演習ということで、 最初にコマンドラインでのファイル・ディレクトリ生成・削除を説明し、 配布資料に説明した、ディレクトリ構造をコマンドラインで生成する演習。

cd PATH
dir PATH
type PATH
mkdir PATH
rmdir PATH
echo DATA > PATH
del PATH

C言語のファイル

ファイルに関連する話ということで、 最初にFILE型を説明し、fopen,fclose,fscanf,fprint などを解説。

fopenの説明では、テキストモード・バイナリモードなども交えて解説する。 第一引数のファイル指定では、Windowsのディレクトリ区切り文字に 対する注意点なども交えて解説を行う。

FILE* fp ;
if( (fp = fopen( "¥¥Windows¥¥PATH¥¥abc.txt" "rt" )) != NULL ) {
int x ;
while( fscanf( fp , "%d" , &x ) == 1 ) {
printf( "%d" , x ) ;
}
fclose( fp ) ;
}