ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 後期中間(構造体ネタ)テスト返却

2011年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

後期中間(構造体ネタ)テスト返却

中間テストの採点結果の返却と問題の解説を行う。

間違った回答の傾向をみていると、成績の悪い人は 2重forループの繰り返しから怪しそうな雰囲気が見えてくる。 4年の情報構造論になれば、構造体のポインタが絡むからこそ、 データの型に注目してプログラムが書けるようになってほしい。

最後の問題で、5年のデータベースの問題を流用し、 2つの表を串刺しのプログラムを書いてもらった。 しかし、この3年間、データベースに関連した出題をしていたことから、 傾向を予想されているのか、正解率は高かったかな。

解説終了後は、後半のグラフィックスの授業内容の導入として、 最近の映画をネタにグラフィックス処理の大変さを解説する。