ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » C構造体からC++クラスへ

2010年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

C構造体からC++クラスへ

授業3回目にて、電子情報以外の学生さんが受講を取りやめ、 受講者全員が電子情報学生となった。 基本的な部分の説明が不要となるため、細かい内容まで話すことができた。 最初に、前回授業で話すことができなかった、参照渡し(ポインタ渡し,値渡し)を説明した後、 C言語でオブジェクトっぽく書くスタイルを発展させながら、下記のようなC++における、 クラス宣言を説明する。

class Person {
private:
char name[ 20 ] ;
int age ;
public:
Person( char s[] , int a ) { // コンストラクタ
strcpy( name , s ) ;
age = a ;
}
inline void print() const // inline 開いたサブルーチンにする
{                         // const メンバ変数を書き換えないメソッド
printf( "%s %d\n" , name , age ) ;
}
} ;
void main() {
Person saitoh( "T-Saitoh" , 46 ) ,
mitsuki( "Mitsuki" , 10 ) ;
saitoh.print() ;
mitsuki.print() ;
}

例年は説明を省略しているけど、const メンバ関数宣言や、inline 宣言による説明を行う。