ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » リフォームワークス

2004年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

リフォームワークス

またもや東京周辺のマンション経営の不動産売り込み。 いつものごとく、相手先電話番号を確かめた上で、 個人情報の取扱いでクレームをつける。 これまたいつものごとく、『個人情報じゃないだの..』の押し問答。

これまたいつものごとく喧嘩口調なんだけど、今日の相手(坂本君)は、 ちょっとだけヤルキのある人かも。途中で 『個人情報保護法』 でつめよると、自分の端末で法令を探しはじめてくれる。 「個人情報取扱い事業者は、利用目的を本人に通知公表しなければならない」(4章18条) で、『あなたの買った名簿業者は私に通知してないよ!』とつめよると、 納得はできないまでも、多少わかってくれたみたい。

まだグレーゾーンの多い法律だから告訴は無理かも知れないけど、 「罪悪感ないの?」とか、 「上司に個人情報の扱いが悪いことを上申したら?」とか、 つめよる。 さらに、『 日本テレマーケティング協会 とかに加入して、 TPS(Don't Call データベース)を見てから電話する ということも勉強してね』と伝えると、 『そんなのあるんですね…』 と、まあまあ説得成功。

んでも、こういう業者って自分が持っている情報を「個人情報」と 認めない。でも「そろそろ黒になりそうだよ」と言っても、 『今は、まだ法律違反じゃないんでしょ!』 と言い返すのが定番。
後から思い付いた作戦だが、 『じゃぁ保護法で黒判定がでるようになったら、あんたの部署は真っ先につぶされて、会社首になること解んないかなぁ!!』 というのは、説得路線にうってつけではないだろうか…. 次の機会に試してみよう。