ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 実験用Cudaサーバでsambaの設定

2018年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

実験用Cudaサーバでsambaの設定

専攻科の実験でCudaを用いている物があり、プログラム編集や動作結果のパソコンとのやり取りが面倒で…といった相談を受ける。

処理としては、そのCudaサーバにsambaが動いていればいいだけなので、samba のインストールのお手伝い。Cuda環境が動かなるのが不安なので、既存環境は極力触らずに対応。

samba-client などは入っているし、samba サーバをインストールして、起動すればいいだけだった。

((samba-*.debを探してきて))
$ sudo dpkg -i samba-X.X.X.deb

((ユーザのファイル共有の許可))
$ sudo vi /etc/samba/smb.conf
[homes]                      # ファイル共有関連部分のコメントを外し
  comment = Home Directories # ユーザのファイル共有を有効にする
  browseable = no

((sambaの起動))
$ sudo service nmbd start    # Windowsのコンピュータ名管理の nmbd 起動
$ sudo service smbd start    # Windowsのファイル共有管理の smbd 起動

((起動時にsambaを起動する設定))
$ sudo update-rc.d nmbd defaults
$ sudo update-rc.d smbd defaults

((ファイル共有を使うユーザの登録))
$ sudo pdbedit -a ユーザ1    # 初回登録は pdbedit で行う
enter pasword: パスワード
Re-enter password: パスワード

((パスワードの変更))
$ smbpasswd                # 個人でパスワードを変更の場合
enter pasword: パスワード
Re-enter password: パスワード

$ sudo smbpasswd ユーザ    # 管理者がパスワードを変更の場合
enter pasword: パスワード
Re-enter password: パスワード