ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » 大学における準ひきこもりという存在

2006年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

大学における準ひきこもりという存在

大学における準ひきこもりという存在

blogmap にて見つけた興味深い記事。 「大学生の中には真面目に授業でてきていても、他の人とコミュニケーションをとらずに 生活をできいて、内面は『ひきこもり』と同じ問題点をかかえている学生さんが存在する。 しかし就職時点まで見逃されてしまう…」 という記事。

おかげで、 『自分自身がその準ひきこもりだ!』 という blogger の間で、反響が広がっている。 その元ネタの紀要を書いた先生の『的を得た』表現が、 これまた 準ヒッキー の胸に「傷口に塩」のごとく冷たく付き刺さるらしい。