ホーム » スタッフ » 斉藤徹 » Computer

Computer」カテゴリーアーカイブ

2021年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

最新の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

「サイバー攻撃の手口と守り方」の準備

2/6(土)に「サイバー攻撃の手口と守り方~情報セキュリティ入門~」にて、CTFを中高生に体験してもらう準備のお手伝い中。

コマンドラインをたたいてもらう体験の部分は、クラウド上に準備した noVNC を使い、ブラウザさえあれば参加可能。問題は、以前 K-SEC 主催の CTF 問題から「いんすぱいぁ(≠ぱくった)」されて作った問題を少々。

基幹システムが停電で停止

1/29(Fri) 朝 08:30 から、学内ネットワークがつながらないとの連絡。

状況を確認すると、基幹システムの仮想マシンが落ちている様子。履歴からすると、夜中の02:30頃にUPSの警告が飛んでいる。

改めてシステムを起動するけど、基幹システムの全部が落ちているから、復帰にも時間がかかる。ようやく、9:35 になって DNS も起動し、無事復帰…と思われる。電源の状況は追って調査だけど、慌しかったし、ボチボチと確認だな。


macPortsからHomeBrewに

EVER/IPを卒研で使おうと福野さん,Krisさんと相談していたら、Macのunix環境は普通 HomeBrewでしょ…という話になって、今まで使っていたmacPortsをやめて HomeBrew に切り替え。

といっても、新しく入った M1 Macbook だったので、Universal アプリでインストールと、macPorts を入れたばかりだったけど。

sudo port install する macPorts と違い、通常ユーザ状態で brew install するのには違和感あったけど、ややこしいことするわけじゃなく、使い慣れたLinuxコマンドが使えればいいだけなので、特に拘らずに入れ替え。

爆音SW-HUBのFAN交換

以前、教室に設置するHUBとして業者さんが持ってきた Giga-SW-HUB だけど、冷却FANが余りにも爆音すぎて、交換となったのが長らく死蔵品になっていた。もったいないので静音FANに交換して、別に利用することにした。

コネクタ形状は同じだけど、電極順序が違っててハンダ付けしたけど、無事稼働。(FANなしで動かそうとも思ったけどFAN警告ランプがつくので何らかのFANは必要) 排気能力はガタ落ちだけど、自室で使う分にはそんなに流量ないし、発熱で早めに劣化で壊れても、死蔵品になっているよりはマシだろう。

{CAPTION}

{CAPTION}

MacPorts Big Sur 版コンパイル中

macOS の Big Sur を入れたけど、MacPorts が動かなくなっていた。丁度、CTFや構文解析の実験の最中で、いちいち自宅サーバなどに入って説明してたところ。1月ほど前には、まだ Big Sur 版が出てなかったけど、あらためて確認したら公開されていたので、早々に入れ直し。

最新の .pkg 版のインストーラで入れて、あとは、port selfupgrade ; port upgrade outdated で、ひたすら待つ。

Error Establishing a Database Connection

びびった。

この WordPress で、特に何もしていないのに、「データベース接続の確立エラー」(Error Establishing a Database Connection)
が表示された。コレが出ると、データベースファイルが壊れたとかの場合が多くて、復旧に手間取る可能性が高い。

今回は、サーバに login して、MySQL の Restart だけで復帰した。

お仕事Macの確認

さすがに、iMac(2013)は、macOS Big Sur はムリだな。まあ追加アップデートだけはかかるようだけど。

当然ながら入れてみた

macPorts の入れ直しが必要だけど、まだ正式なのは出ていない様子。

でも、特に大きな問題はないかな。

CTFの問題を追加してみた

CTFの問題を追加してみた。学生さんに興味を持ってもらうために、仕組みが分かればすぐに解けるように作ってある。

Teams 説明会のトラヒック

今日は、遠隔授業に備えて教職員対象の Teams などの説明会が行われた。遠隔授業のやりかたの方針や、すでにTeamsを実践しようと試している先生の説明。最大80名ほどの視聴であった。(視聴はほとんどの方が学内)
私もTeamsでの説明を行ったが、ブラウザ画面にペン書きをしても、説明の音と動画では10秒から30秒の遅延があったと視聴していた先生が教えてくれた。であれば遅延も頭に置いた説明が必要となりそう。Teamsの生アプリと、Webアプリでも遅延がかなり違うとのことだった。
あまりにも遅延が大きいので、今回のトラヒックの状況を確認してみた。目盛りが少し切れているが、Teams会議中の、対外接続の最大の瞬間値で260Mbpsほど。本校の対外接続のmaxが1GbpsのSINET接続なので、回線としては余裕のはず。となると、遅延の原因は、Teams のサーバ側の可能性が高い。

fukuikousen-bot の更新周期を短く

福井高専のホームページの最新情報を、つぶやく bot ( https://twitter.com/FukuiKousen )を動かしているけど、この連日、コロナウィルスのため重要な公式情報の流れる機会が増えている。

通常は、5時,9時,11時,15時,19時 としていたが、当面頻度を高めておこう。8時から22時まで2時間刻みとしておく。