ホーム » 「LINE」タグがついた投稿

タグアーカイブ: LINE

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

GASを使ってLINEボットを作る

高専の KOSEN ハッカソン LINE にて、学生さんがいろいろと作品を作る間、自分でも LINE メッセージAPIで遊んでみた。

LINEボットのオーム返しの例

参考にしたサイトのプログラムを若干修正してある。

// line developersに書いてあるChannel Access Token
var access_token = "xxxxxx";

// pushしたいときに送る先のuser_id or group_idを指定する
var admin = "Uxxxx";

// postされたログを残すスプレッドシートのid
var spreadsheet_id = "xxxx";

// スプレッドシートの"user-db"シートにユーザIDと名前の対応表を保存
//   通常のサーバ処理なら、データベースに保存なんだろうけど、
//   すべてをGoogle Driveで完結させたいので、Google Spredsheed を
//   データベースのように使う。
var user_db_size = 10 ;

function get_user_name(source) {
  // スプレッドシートのuser-dbシートに、IDと名前の一覧を記録
  //  Uxxxxxxxx なまえ
  var array = SpreadsheetApp.openById(spreadsheet_id)
                .getSheetByName('user-db')
                .getRange(1,1,2,user_db_size).getValues() ;

  for( var i = 0 ; i < array.length ; i++ ) {
    if ( array[i][0] == "" ) // 無記入欄で終了
      return source.userId ;
    else if ( array[i][0] == source.userId )
      return array[i][1] ;   // 対応するものを見つけた
  }
  return source.userId ;
}

/**
 * 指定のuser_idにpushをする
 */
function push(text,to) {
  var url = "https://api.line.me/v2/bot/message/push";
  var headers = {
    "Content-Type" : "application/json; charset=UTF-8",
    'Authorization': 'Bearer ' + access_token,
  };
 
  var postData = {
    "to" : to,
    "messages" : [
      {
        'type':'text',
        'text':text,
      }
    ]
  };
 
  var options = {
    "method" : "post",
    "headers" : headers,
    "payload" : JSON.stringify(postData)
  };
 
  return UrlFetchApp.fetch(url, options);
}
/**
 * 管理者宛にメッセージを送る
 */
function push_admin(text){
  return push(text,admin);
}
 
/**
 * reply_tokenを使ってreplyする
 */
function reply(event,text) {
  var url = "https://api.line.me/v2/bot/message/reply";
  var headers = {
    "Content-Type" : "application/json; charset=UTF-8",
    'Authorization': 'Bearer ' + access_token,
  };

  var postData = {
    "replyToken" : event.replyToken,
    "messages" : [
      {
        'type':'text',
        'text':text ,
      }
    ]
  };
 
  var options = {
    "method" : "post",
    "headers" : headers,
    "payload" : JSON.stringify(postData)
  };
 
  return UrlFetchApp.fetch(url, options);
}

function do_reply(event) {
  // リプライの処理
  var text = '' ;
  switch( event.message.type ) {
    case 'text' : // メッセージ
      text = event.message.text ;
      break ;
    case 'sticker' : // ステッカー
      text = 'すてっかーID=' + event.message.id ;
      break ;
    case 'image' : // 画像
    default :
      text = 'event.message.type=' + event.message.type ;      
      break ;
  }
  return reply(event,'りぷらい:'+text);
}

/**
 * push api で beacon 受信時の処理
 */
function do_beacon(event) {
  var text = '' ;

  var user = get_user_name( event.source );

  var bcn = event.beacon ;
  switch( bcn.type ) {
    case 'enter' :  // ビーコン領域に入った
      text += 'ENTER' + bcn.hwid ;
      break ;
    case 'leave' :  // ビーコン領域を抜けた(実験したけど通知は実質来ない!?)
    case 'banner' : // ビーコンバナーをタップした
    default :
      text += bcn.type + '=' + bcn.hwid ;
      break ;
  }
  
  return push_admin( 'びーこん=' + text + '(' + user + ')' , admin ) ;
}

/**
 * postされたときの処理
 */
function doPost(e) {
  var json = JSON.parse(e.postData.contents);
  
  // 利用者のuseridを取得するためのlog
  var data = SpreadsheetApp.openById(spreadsheet_id)
               .getSheetByName('log')
               .getRange(1, 1).setValue(json.events);

  // 1回のPostで、メッセージと画像が複数のイベントで来る場合がある
  for( var i = 0 ; i < json.events.length ; i++ ) {
    var event = json.events[i] ;
    switch( event.type ) {
      case 'message' : // Message API の処理
        do_reply(event);
        break ;
      case 'beacon' : // Beacon API の処理
        do_beacon(event);
        break ;
      default: // デバッグのため
        push_admin( 'それ以外=' + event.type ) ;
        break ;
    }
  }
}
 
/**
 * pushをしてみる
 */
function test() {
  push_admin('test()の実行');
}

/**
 * getされたときの処理
 * URL?message=テキスト
 */
function doGet(e) {
  // var data = SpreadsheetApp.openById(spreadsheet_id)
  //              .getSheetByName('log')
  //              .getRange(2, 1).setValue(e.parameter.message);

  // https://script.google.com/macros/s/..../exec?message=メッセージ
  if ( "message" in e.parameter )
    push_admin(e.parameter.message);
}

LINEハッカソン2018

2018/12/15,16の両日に、LINE本社で開催された”KOSENハッカソン feat.LINE”に4名の学生が参加しました。

{CAPTION}

LINEの様々なサービスを使ったものづくり

最初に、LINE Message API や、LINE クローバ , LINE LIFF , LINE Beacon などの説明を受け、これらをできたら利用して、自分たちで考えたサービスを作ろう…と頑張りました。

{CAPTION}

参加した学生さんは、他の高専からの参加者と5〜6人のグループを作り、それぞれ開発を行いました。

LINE bot や LINE Clova を使い、お小遣いの管理を目指した作品や、レポート作成支援を目指した作品英単語を覚えるサポートをする作品、さらにLINEビーコンを用いた商品販売支援の作品などを作りました。開発が2日間という短い期間であったため、基本的な機能に留まったチームもありましたが、新しい技術に触れるいい機会になったようです。

{CAPTION}

{CAPTION}

さすがLINE本社

{CAPTION}

{CAPTION}