ホーム » 「spam」タグがついた投稿

タグアーカイブ: spam

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

緊急連絡システムでrblsmtpd

メモ:緊急連絡システムで、迷惑メールが届いている。変なリレーはされていないけど、エラーメールが配送できずに溜まってる。

設定を改めて確認して、迷惑メール対策が弱いのでブラックリストなメールサーバからの受信をしないように、rblsmtpd を導入。rblsmtpdの設定は、以前の運用経験からすぐに設定できるかと思ったけど qmail が systemd 用に設定ファイルが変わっているので、修正場所を探すのに手間取った。

メールヘッダとspam

メールヘッダ

メールを出すときには、宛先やタイトルや本文などの情報がついている。

From: foo@bar.jp      送信元のメールアドレス
To:   hoge@piyo.jp    送り先のメールアドレス
Cc:   hogehoge@bar.jp 送信内容を確認してもらうためのコピーの送り先
Bcc:  hogefuga@bar.jp 送信相手にコピーしたことが見えないように送る時
Subject: 会議の議事録  メールのタイトル
Date: 2019年 1月 9日 12:34:56 メールを送った時間
本文
-- 
署名

送信相手に届くメールでは、上記以外にも様々な情報がつけられる。これらの情報を見ると、迷惑メールか確認することもある程度可能となる。

Received: from 送信元 by 受信サーバ
Reply-To: 返信する際の送り先
Return-Path: 送信に失敗した時に送り返す先
DKIM-Signature: メールサーバの公開鍵署名
Received-SPF: 送信元のDNS情報など

spam

メールでは、送信時に送信者の認証をしないので、送信元の名前を偽ってメールを送ることが簡単にできる。このため、広告目的、ウィルス感染目的にメールがよく使われる。こういったメールは、一般的に spam と呼ばれる。

イギリスのコメディグループ・モンティパイソンが、コントの中で、しつこくspam,spam,spam,spam….と、騒ぐ様からspamと呼ばれるようになった。大文字のSPAMと書かないこと。(ランチョンミートの缶詰)

なぜspamが届くのか?

たぶん、メールを利用していると、誰でも spam が送られてきた体験があるはず。でも、自分のメールアドレスがどうやって、送信元に知られてしまったのだろうか?

インターネットで企業などでメールアドレスを記入して、そこから情報が漏れたのだろうか?実際、企業がクラッキングに会い、情報漏えいの場合もあるが、一般的には、“aaa”さん、”aab”さん、”aac”さんといったように、文字列の組み合わせを順次組み合わせてユーザ名を作って送っているだけである。当然、このような方法では、宛先不明のメールが発生するが、迷惑メールの送信業者はそんなことは気にしない。ただし、大量の迷惑メールを送ると、インターネットの接続業者に目をつけられてアカウント停止となるため、ウィルスに感染させたパソコンを遠隔操作してspamメールを送るのが一般的である。このため、以下のことはしないこと。

  • 迷惑メールの送信元に抗議メールを送らない。(From欄にメールアドレスを勝手に使われる場合がある)
  • “I Love You”とか”くじに当選しました”といったメールはその時点で怪しい。
  • 怪しいメールを開封しない。(ウィルスなどが添付されている場合がある。)
  • メールの中のリンクをクリックするのは危険。(有名企業名を偽って怪しいサイトに誘導される可能性)