ホーム » 2015 » 5月

月別アーカイブ: 5月 2015

2015年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

2015年5月31日(第425回)

収録でお送りしました。

  • まるトレ傑作選 第89便 「アホ・バカ分布図(前編)」(平成27年2月1日放送)
  • 新入生の自己紹介
  • 新入生への質問攻め
  • 山田君からの勉強アドバイス

担当:小藤(2B、MIX)、山田(2B・MIX)、植村(2E)、鷲田(1EI)、西島(1E)、西(教員)

6/1よりOffice365ProPlusが使えます

高専機構とMicrosoft社との包括協定ですが、この6/1より本校学生の方は、 Office365 ProPlus が使えます。

Office 365 を使うと、 (1)メールやグループウェアとしての機能と、 (2)パソコンなどにアプリを入れることでWord,Excel,PowerPointなどが 使えるようになります。 今までは、Microsoftとの包括協定で売店でOSやOfficeのメディアを 安く購入し、学生さんの自宅パソコンにインストールが可能でした。 しかし、今後はこのOffice365によって、利用することになります。

Office365のアプリは、パソコン以外にも、iOSやAndroidのタブレット,スマート フォンでも提供されています。 Office365 ProPlus では、パソコン5台,タブレット5台,スマホ5台合計15台にイ ンストールできます。 データは、ユーザ認証のもとでOneDriveなどの機能を経由しながら、同期されます。

使い方

Office 365 をブラウザ上で使うには、https://portal.office.com/Home にアクセスし、 高専機構全体でのメールアドレスでloginします。 福井高専の方は、総合情報処理センターで利用するユーザIDの後ろに、"@fukui.kosen-ac.jp"をつけたものが、 Office365のメールアドレスになります。パスワードは、センターの端末と同じものを使ってください。

  login: xxxxxxxx@fukui.kosen-ac.jp
  password: センターと同じ
1505271953_806x538.png

ブラウザ上では、以下のような機能が利用できます。

1505271953_873x359.png

先に示した、"xxxxxxxx@fukui.kousen-ac.jp" は、そのままメールアドレスとしても使えます。 左上のメニューボタンを押すと表示されるものの、「メール」を使うと以下のような画面になります。

1505271953_997x371.png

パソコンにOffice365のインストール

高専機構でOffice365では、ブラウザ上だけでなくパソコンにOfficeをインストールして使うこともできます。
自宅の自分のパソコンで、前述の手順によりブラウザでログインすると、直後に以下の様な画面が表示されます。 この状態で「今すぐインストール」をクリックして下さい。

2015-06-29-Office365-install.png

ブラウザ上のOffice365の機能を使っている状態では、ブラウザの画面上部の「アカウント」→「Office365の設定」→「ソフトウェア」 でインストール画面を出してください。

ここで、インストールを選ぶと、画面下に「Setup…..exe(xxxxMB)を実行または保存しますか?」と表示が出てくるので、「実行(R)」を選んでください。 Windowsであれば、「次のプログラムにこのコンピュータへの変更を許可しますか?」などの表示が出てきます。 あとは「はい(Y)」を選べばインストールが行われます。

2015-06-29-Office365-install-final.png

派生と継承

隠ぺい化の次のステップとして、派生・継承を説明する。

派生を使わずに書くと…

元となるデータ構造(例えばPersonが名前と年齢)でプログラムを作っていて、 途中でその特殊パターンとして、所属と学年を加えた学生(Student)という データ構造を作るとする。

// 元となる構造体(Person)                                                                                                                                                  struct Person {
   char name[ 20 ] ; // 名前
   int  age ;        // 年齢
} ;
// 初期化関数
void set_Person( struct Person* p ,
                 char s[] , int x ) {
   strcpy( p->name , s ) ;
   p->age = x ;
}
// 表示関数
void print_Person( struct Person* p ) {
   printf( "%s %d\n" , p->name , p->age ) ;
}
void main() {
   struct Person saitoh ;
   set_Person( &saitoh , "t-saitoh" , 50 ) ;
   print_Person( &saitoh ) ;
}

パターン1(そのまんま…)

上記のPersonに、所属と学年を加えるのであれば、以下の方法がある。 しかし以下パターン1は、要素名がname,ageという共通な部分があるようにみえるが、 プログラム上は、PersonとPersonStudent1は、まるっきり関係のない別の型にすぎない。

このため、元データと共通部分があっても、同じ処理を改めて書き直しになる。

// 元のデータに追加要素(パターン1)
struct PersonStudent1 {
   char name[ 20 ] ; // 名前
   int  age ;        // 年齢
   char dep[ 20 ] ;  // 所属
   int  grade ;      // 学年
} ;
void set_PersonStudent1( struct PersonStudent1* p ,
                         char s[] , int x ,
                         char d[] , int g ) {
   strcpy( p->name , s ) ; // 同じことを書いてる
   p->age = x ;
   strcpy( p->dep , d ) ;  // 追加分はしかたない
   p->grade = g ;
}
// 名前と年齢だけ表示
void print_PersonStudent1( struct PersonStudent1* p ) {
   // また同じ処理を書いてる
   printf( "%s %d\n" , p->name , p->age ) ;
}
void main() {
   struct PersonStudent1 naka1 ;
   set_PersonStudent1( &naka1 ,
   "naka" , 22 , "PS" , 2 ) ;
   print_PersonStudent1( &naka1 ) ;
}

パターン2(元データの処理を少し使って…)

パターン1では、同じような処理を何度も書くことになり、面倒なので、 元データ用の関数をうまく使うように書いてみる。

// 元のデータに追加要素(パターン2)
struct PersonStudent2 {
   struct Person person ;
   char          dep[ 20 ] ;
   int           grade ;
} ;
void set_PersonStudent2( struct PersonStudent2* p ,
                         char s[] , int x ,
                         char d[] , int g ) {
   // Personの関数を部分的に使う
   set_Person( &(p->person) , s , x ) ;
   // 追加分はしかたない
   strcpy( p->dep , d ) ;
   p->grade = g ;
}
void print_PersonStudent2( struct PersonStudent2* p ) {
   // Personの関数を使う。
   print_Person( &p->person ) ;
}
void main() {
   struct PersonStudent2 naka2 ;
   set_PersonStudent2( &naka2 ,
   "naka" , 22 , "PS" , 2 ) ;
   print_PersonStudent2( &naka2 ) ;
}

このパターン2であれば、元データ Person の処理をうまく使っているので、 プログラムの記述量を減らすことはできるようになった。

しかし、print_PersonStudent2() のような処理は、元データ構造が同じなのに、 いちいちプログラムを記述するのは面倒ではないか?

そこで、元データの処理を拡張し、処理の流用ができないであろうか?

基底クラスから派生クラスを作る

オブジェクト指向では、元データ(基底クラス)に新たな要素を加えたクラス(派生クラス)を 作ることを「派生」と呼ぶ。派生クラスを定義するときは、クラス名の後ろに、 「:」「public/protected/private」基底クラス名を書く。

// 基底クラス
class Person {
private:
   char name[ 20 ] ;
   int  age ;
public:
   Person( const char s[] , int x ) {
      strcpy( name , s ) ;
      age = x ;
   }
   void print() {
      printf( "%s %d\n" , name , age ) ;
   }
} ;
// 派生クラス
class Student : public Person {
private:
   char dep[ 20 ] ;
   int  grade ;
public:
   Student( const char s[] , int x ,
            const char d[] , int g )
            : Person( s , x ) // 基底クラスのコンストラクタ
   {
      strcpy( dep , d ) ;
      grade = g ;
   }
} ;
void main() {
   Person saitoh( "t-saitoh" , 50 ) ;
   saitoh.print() ;
   Student naka( "naka" , 22 , "PS" , 2 ) ;
   naka.print() ;
}

ここで注目すべき点は、main()の中で、Studentクラス"naka"に対し、naka.print() を呼び出しているが、パターン2であれば、print_PersonStudent2()に相当するプログラムを 記述していない。 しかし、この派生を使うと Person の print() が自動的に流用することができる。 これは、基底クラスのメソッドを「継承」しているから、 このように書け、名前と年齢「naka 22」が表示される。

さらに、Student の中に、以下のような Student 専用の新しい print()を記述してもよい。

class Student ...略... {
   ...略...
   void print() {
      Person::print() ;
      printf( "%s %d\n" , dep , grade ) ;
   }
} ;
void main() {
   ...略...
   Student naka( "naka" , 22 , "PS" , 2 ) ;
   naka.print() ;
}

この場合は、継承ではなく機能が上書き(オーバーライト)されるので、 「naka 22 / PS 2」が表示される。

派生クラスを作る際の後ろに記述した、public は、他にも protected , private を 記述できる。

public    だれもがアクセス可能。
protected であれば、派生クラスからアクセスが可能。
派生クラスであれば、通常は protected で使うのが一般的。
private   派生クラスでもアクセス不可。

2015年5月24日(第424回)

収録でお送りしました。

  • まるトレ傑作選 第68便「タイトル(中編)」(平成26年8月24日放送)
  • 新入生の自己紹介
  • 新入生への質問攻め

担当:松島(4C)、稲葉(2EI・MC)、山田(2B・MIX)、木下(2EI)、水島(1C)、西(教員)

2015年5月17日(第423回)

  • まるトレ傑作選 第32便「主語(前編)」(平成25年11月24日放送)
  • 専門教科について
  • レポートの書き方について
  • 放送メディア研究会の年間活動計画について

担当:松島(4C・MC)、植村(2E・MIX)、川﨑(2EI)、西(教員)

2015年5月10日(第422回)

  • まるトレ傑作選 第16便「新幹線の名前」(平成25年7月26日放送)
  • キャンパスウォークについて
  • 体育祭の応援の話
  • 母の日について

担当:松島(4C・MIX)、田嶋(3C)、川﨑(2EI・MC)、西(教員)

2015年5月3日(第421回)

つつじ祭り会場の西山公園のたんなんFM特設スタジオから生放送!!

  • まるよし Train Pops ~ 国語と遊ぼう!  グランドフィナーレ
    • まるとれの定期運行は最終日となりました。これまでのご愛顧、ありがとうございました。新しいコーナーを企画中です。それまでは、「まるとれ傑作選」をお送りします。
  • 体育祭の結果について
  • キャンパスウォークについて

ゲスト:電子情報工学科卒業生 前田様

担当:田嶋(3C・MIX)、川﨑(2EI・MC)、中村(教員)、西(教員)