ホーム » 2014 » 2月

月別アーカイブ: 2月 2014

2014年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

サービス問題なのに…

3年のプログラミング応用(C言語)のテストで、 説明問題の1つで、 「以下のプログラムが動かない理由を答えよ」 というサービス問題。

double tr_S( double w , double h ) {
return (1/2) * w * h ;
}

『return文は、()の中の値を返すから、0.5 が返り値となるから…』
『…(同様)… なので()の後ろの "* w * h" が文法エラー…』
(@_@;; クラクラ…
# 答え: int型で1/2は0になるため…

2014年2月23日(第361回)

  • まるよし Train Pops ~ 国語と遊ぼう! 第43回 「つぶやき」
  • 左義長祭りでの活動について
  • 五味が答える!~かかってこいや~

担当:山野(2C)、松島(2C)、五味(教員)

高専技科大連携・力覚フィードバック

豊橋技科大と高専連携による力覚フィードバックの実験。

豊橋技科大と他の8高専がネットワークでつながり、 操作バーを動かしたときに、他の高専の操作の力が操作バーに反映される。

この力覚フィードバックが、自然に感じられるかを確認するため、 簡単なゲーム操作をしている様子。 ゲームでは、4拠点と4拠点で、綱引きをするゲーム。力を入れ過ぎると、 綱が切れてしまう。

1402221318_1024x768.JPG
1402221318-1_1024x768.JPG
1402221318_1280x720.JPG
1402221318-2_1024x768.JPG

2014年2月16日(第360回)

学生さんがテスト期間中につき、教員による収録でお送りしました。

  • マグネットコンテスト表彰式でのインタビュー
  • ドラえもんの道具の話
  • まるとれのコーナーに関する話

担当:長水先生、原口先生、手嶋先生、五味先生、西

専攻科特別研究発表会

1402141405_640x480.JPG
1402141405-1_640x480.JPG

福井県を当てるクイズ問題、第一ヒント「歯みがきロボコン」…

そういえば、昨日のテレビ朝日のクイズ番組で、 写真や動画から県を当てる都道府県クイズ。 『福井県』を当てる問題で、 第1ヒントが「歯みがきロボコン」だったそうだ。
# 丁度その時間は、風呂に入っていて、見そこねた…(x_x;

第1ヒント:「歯みがきロボコン」 第2ヒント:「ペンギンの初詣」、 第3ヒント:「越前ガニ・ミュージアム」、 第4ヒント:「東尋坊」

ようやく第4ヒントで回答ボタンが押され、 一発目は「石川県」と答えられてしまったようだが…

2014年2月9日(第359回)

学生さんがテスト期間中につき、教員による収録でお送りしました。

  • まるよし Train Pops ~ 国語と遊ぼう! 第42回 「ごんぎつね」
    • ごんぎつねの「ごん」の最後の言葉は・・・
  • 後期期末試験について
  • 金田先生の恋愛相談「どんと来い」

担当:丸山先生、金田先生、川上先生、西

(授業アンケート)情報構造論

総合ポイントは、80.9 例年通りかな。 あっ、一昨年度と比べると、ちょいと落ちてる…(x_x;

相変わらずに板書のポイントが低いのよね…

ホワイトボードで、マーカーのペン濃いのつかうべしとの注文 もあって、まだまだ改善は必要かな。

1402071717_399x351.png

構造体の配列渡しの質問

構造体を使ったプログラムで、構造体のデータを配列全部を渡すのか、 配列の1つを渡すのか…の違いが判らずに混乱している人がいるので、 簡単なサンプルプログラムを示す。

// 構造体のサンプル
struct A {
int data ;
} ;
// 構造体の全部を渡す場合
void foo( struct A* p ) {
// struct A p[]
// 引数宣言は上のように書いても同じ。
for( int i = 0 ; i < 100 ; i++ ) {
p[i].data = ... ;
// 上の1行は下の2つでも同じ意味
// (*(p+i)).data = ... ;
// (p+i)->data = ... ;
}
}
// 構造体の1件を渡す場合
void baa( struct A* p ) {
p->data ....
}
void main() {
// 局所的な配列
struct A a[100] ;
// 配列全体を渡す(a[]の先頭アドレス)
foo( a ) ;
// 配列のi番目を渡す
for( int i = 0 ; i < 100 ; i++ ) {
bar( &a[i] ) ;
}
}

2年情報基礎演習の発表会

簡単なパズル系の問題の、解決プログラム作成の課題に取り組んだ結果報告を、発表会形式で行いました。

1402050946_320x240.JPG