ホーム » 卒業研究

卒業研究」カテゴリーアーカイブ

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最新の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

令和2年度卒業研究発表会 3/3,4

3/3(水),4(木)の両日、R2年度卒業研究発表会が行われました。

今年はTeamsを使って…

今年はコロナ対策もあり、5年学生は、自分のセッション毎に教室から教員の待つ発表会場に移動して発表です。発表風景は、5年,4年の教室でそれぞれ視聴し、さらに興味のある3年は実験室で視聴です。

3年も卒研を見れるのは、Teams ならではでした。

卒研発表資料

www.ei.fukui-nct.ac.jp/sotsuken/2020sotsu/

データの扱いは丁寧に

うーむ、卒研発表のレジメ、有効数字がおかしいので、質疑応答の時にツッコミを入れた。

有効数字を注意すること

私らの恩師のS先生なら、このネタやると卒研発表の会場が凍りついたよなぁ… (^_^;
でも、情報系の人間は、それっぽく見える数字で嘘ついちゃいかん。

卒研の査読のお手伝いしたのでも、この辺の有効桁がいい加減なのがあったので、あえて指摘。

学会の論文とか発表で、こういうところが変な状態だと、変な有効桁というだけで内容を信用してもらえなくなる。
(ちなみに、この学生さんの卒研は内容もあり、問題なく優秀な内容なので、あえて指摘しています。)

ダメな例:

  • 実験データが 0.1200 , 0.3400 , 0.3100, 0.4100 みたいな、データが20個ほど並ぶ…。
  • 5段階評価のアンケートを行い、20件の回答があった。評価値の平均値は、3.45678 となった。
  • 100枚の画像を用い学習させ、テストデータ100枚で学習の正解率を求めたら 89.1234 [%] であった。

グラフの見せ方にも注意

あと、プレゼン資料やレジメ資料だけど、色の使い方にも注意しましょう。

同じ青系でグラフを描いたら、後ろの人なら見て区別できません。

あと、学会などでも印刷資料になるときは、よほどのことがないかぎり白黒印刷。このようなグラフ資料はデータがまるっきり区別できなくなるので、モノクロにしても内容が判別できるように資料を作りましょう。

キャンパスツアー2020-2日目

キャンパスツアーの2日目、展示の卒研室を入れ替えて発表です。

制御系研究室の説明

{CAPTION}

{CAPTION}

インターネット系の説明

{CAPTION}

{CAPTION}

電子情報4年のプログラムコンテスト参加チームの説明

{CAPTION}

キャンパスツアー2020

今年もキャンパスツアー(オープンキャンパス)が始まりました。
コロナ対策で、今年度初めてのオープンキャンパスです。見学者の三密を避けるために、保護者は展示の同伴なしで、グループの人数を減らすために2日間で開催しています。
電子情報工学科では、9/19(土),20(日)の午前午後に分かれて、各卒研室・4年プロコン参加チームが発表します。

{CAPTION}

人工知能関連研究室の展示

{CAPTION}
{CAPTION}
{CAPTION}
{CAPTION}

銀河の衝突シミュレーション(下條研)

流体シミュレーション(下條研)

専攻科生による技術シーズ発表

10/24,25と開催されている福井県産業会館の北陸技術交流テクノフェアのなかで、昨日10/24(木)の午後には、電子情報系の専攻科学生3人の技術シーズ発表が行われました。
{CAPTION}

ダナンでの海外インターンシップ

専攻科1年でのインターンシップでは、海外インターンシップにも参加している。

今年は、本校電子情報工学科のベトナムからの留学生のOBのダン氏がベトナム・ダナンで起業したD-SOFTさんにお願いし、電子情報系専攻科生1年が4週間にて参加となりました。D-SOFTさんでのインターンシップは初めての受け入れのため、私も初日に同行すべくダナンに行きました。

学生による研究発表会に参加

平成30年度 北陸地区学生による研究発表会が、富山高専本郷キャンパスにて3/2(土)に開催され、福井高専の電子情報からは、5EIより6名・専攻科1年より1名の計7名の学生が参加しました。

5年の学生さんは、卒業研究での質疑応答とは違う視点での質問などもあり、研究を進めるにあたり幅広い見地の必要性を感じたのではないでしょうか?

専攻科研究フォーラムに参加

専攻科では学内の発表も終えましたが、他の高専の学生さんも交えた専攻科研究フォーラムが開催されました。

電子情報系からは山田くんがポスターセッションでの発表となりました。他にも福井高専からは他学科より5名の参加となりました。