ホーム » 「緊急連絡システム」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 緊急連絡システム

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の投稿(電子情報)

アーカイブ

カテゴリー

緊急連絡システムのicloud問題解決

緊急連絡システムを運営しているけど、最近 icloud.com 宛のメールが届かないといった問題が発生していた。

いくつかのサイトでは、MXレコードを引く際の DNS の情報が大きい場合、qmail が失敗するなどの情報から、対処などを施していたが、icloud の配信でこういった症状が出ていた。

色々と調べてみたが、icloud.com は、メールの X-Header が含まれると、受信を拒否するのが原因ということが見えてきた。

緊急連絡システムでは、トラブルが発生した際の履歴を追えるように、X-EMC-…. という拡張ヘッダを埋め込んでいた。

今回、icloud.com, mac.com, me.com のメールアドレスの場合は、X-EMC- を付けないように処理を加えたところ、無事にメールが送信できることが確認できた。

しかし、こういうキャリア毎の事情は、わからないわ…(x_x;;

緊急連絡システムのOS更新など

緊急連絡システムのOSが、Ubuntu/trusty でそろそろ、サポート期間に近づいているので、OS の更新を行った。

Ubuntu 更新

更新自体は、do-release-upgrade コマンドで、xenial に更新が進む。

$ sudo do-release-upgrade

しかしながら、openssh-server が、更新でエラーがでて、かなり悩んだ。解ってみれば、単純なミスで、自作の /etc/init.d/script を書いてあったけど、その insserv ヘッダで、ssh をコピーしてヘッダ部の # Provides: sshd の行を書き換えてなかった。

このおかげで、insserv が、ssh はすでに登録されている…と勘違いしていた。

緊急連絡システムの文字コードUTF-8 に変更

Ubuntu の更新をかけたら、php5 が使えなくなったため、php7.0 に更新を行うが、これに合わせ、取り扱い文字コードを EUC-JP から UTF-8 に変更を行った。

緊急連絡システムは、内部でデータベースを利用せず、テキストファイルですべてを管理しているが、最初は利用組織毎の設定ファイルや、データファイルをエディタでチマチマと修正を始めたけど、大量の組織のため、途中で断念。perl でファイル名や記載時のエンコーディングを修正するスクリプトを書いて一発変換。

あとは、プログラム中のエンコーディング依存の部分を修正し、送信できることを確認してひとまず移行作業完了。