Windowsの最近のブログ記事

高専機構とMicrosoft社との包括協定ですが、この6/1より本校学生の方は、 Office365 ProPlus が使えます。

Office 365 を使うと、 (1)メールやグループウェアとしての機能と、 (2)パソコンなどにアプリを入れることでWord,Excel,PowerPointなどが 使えるようになります。 今までは、Microsoftとの包括協定で売店でOSやOfficeのメディアを 安く購入し、学生さんの自宅パソコンにインストールが可能でした。 しかし、今後はこのOffice365によって、利用することになります。

Office365のアプリは、パソコン以外にも、iOSやAndroidのタブレット,スマート フォンでも提供されています。 Office365 ProPlus では、パソコン5台,タブレット5台,スマホ5台合計15台にイ ンストールできます。 データは、ユーザ認証のもとでOneDriveなどの機能を経由しながら、同期されます。

使い方

Office 365 をブラウザ上で使うには、https://portal.office.com/Home にアクセスし、 高専機構全体でのメールアドレスでloginします。 福井高専の方は、総合情報処理センターで利用するユーザIDの後ろに、"@fukui.kosen-ac.jp"をつけたものが、 Office365のメールアドレスになります。パスワードは、センターの端末と同じものを使ってください。

  login: xxxxxxxx@fukui.kosen-ac.jp
  password: センターと同じ
1505271953_806x538.png

ブラウザ上では、以下のような機能が利用できます。

1505271953_873x359.png

先に示した、"xxxxxxxx@fukui.kousen-ac.jp" は、そのままメールアドレスとしても使えます。 左上のメニューボタンを押すと表示されるものの、「メール」を使うと以下のような画面になります。

1505271953_997x371.png

パソコンにOffice365のインストール

高専機構でOffice365では、ブラウザ上だけでなくパソコンにOfficeをインストールして使うこともできます。
自宅の自分のパソコンで、前述の手順によりブラウザでログインすると、直後に以下の様な画面が表示されます。 この状態で「今すぐインストール」をクリックして下さい。

2015-06-29-Office365-install.png
ブラウザ上のOffice365の機能を使っている状態では、ブラウザの画面上部の「アカウント」→「Office365の設定」→「ソフトウェア」 でインストール画面を出してください。

ここで、インストールを選ぶと、画面下に「Setup.....exe(xxxxMB)を実行または保存しますか?」と表示が出てくるので、「実行(R)」を選んでください。 Windowsであれば、「次のプログラムにこのコンピュータへの変更を許可しますか?」などの表示が出てきます。 あとは「はい(Y)」を選べばインストールが行われます。

2015-06-29-Office365-install-final.png

Optimal Guardをインストール

担任クラスの学生さんの就職先のOPTiMさんより、 ソフトウェアが送付されてきた。 その学生さんが開発に携わった、 遠隔操作系マルウェア対策ソフト Optimal Guard が 発売されたということで寄贈して頂けたようだ。

といっても、私自身は研究室では Mac OS ばかりなので、 自宅PCにて試してみる。学内だと、遠隔操作系マルウェアの 心配な人も少ないので、みんなの先輩が作ったソフトたぞ... ということで、興味のある学生さんにも使ってもらう。

とはいえ自宅PCは、ウィルス対策ソフトも入れてあるし、 子どもも同じパソコンを使うとはいえ、コンテンツフィルタを しかけてあることから、遠隔操作系マルウエアにかかる 心配はない...はず...

開発したOBに、Facebook で試してみると伝えたら、 ガンガン使ってくださいと言われ、バグ出ししたろか... とも思うけど、その前にマルウェアにひっかかってないがな...

ということで、インストールしたとはいえ、何も起こらないのであった.......

1306262001_276x338.png

高専では、Microsoftの包括協定にて、OSやOfficeのインストールにて、 適正なライセンス手続きを経れば、無償でOS,Officeをインストールできるようになった。

んで、今回Office2010を卒研用のPCに入れようとしたけど、かなり苦戦。

学内のサーバより、教員のメールID、パスワードを入力すれば、インストール用の データをダウンロードできる。これを使ってインストールを開始すると、 改めてメールID,パスワード,パソコンの管理台帳の番号を入力すれば、 利用ができる。

でもOfficeをインストールをすると、どうしても失敗する。 OSが、「Windows 7/Vista/XPじゃない」って文句を言ってくるけど、 購入時にWindows 7 Home Edition 64bit が入ってるじゃん。 よくよくインストールの手順書を見ると、7/Professional/Enterpriseじゃないとダメ らしい。 じゃあということで、Windows 7 の Anytime Update で、アップグレード をしようとするが、なぜか失敗。 OSの方も、包括協定でのアップグレードが必要みたい。 しかし、ライセンスを設定するプログラムは、サーバからダウンロードできるけど、 アップグレードには今度は学校指定のメディアが必要とな。
# 面倒だなぁ...イライラ。

Windowsマシン消滅

朝から授業用の資料を印刷しようと、ちょろちょろ仕事を初めていたが、 トイレに行ってもどってきたら、マウスもキーボードも動かない。 キーボード切替器が入っているので、切り替えるがLinux側では問題なく マウスもキーボードも動く。どうもUSBが怪しいのでFront USBにつないだり、 他のUSB機器をつなげたり。どうやってもマウスキーボードが動かない。 どうも、PCのマザーボード上のUSB回路がやられたとしか思えない。 備品番号をみると、購入時期もちょうど5年前だし寿命かな...

仕方が無いけど、デスクトップメインマシンが無くなったので、 代用品を探す...そういえば、卒研用にiMacを買ったけど、 今年は利用者がいなさそうだし、教官室に移動とした。 ということで、教官室は、iMac,Linux×2,MacBook構成となって、Windowsマシンなし。 さすがに、色々と無理も出てくるので、Parallels Desktop 6 for Mac を発注する。

でもWindowsで使っていた、NAS には重要な書類がぞろぞろ。 でも、Mac側でTeraStation を使うと、smb:// では文字化け、afp:// では漢字は表示できても読めないファイルがちょろちょろ...ということで、不便極まりない。でも年度末に買った Drobo S があるので、 HFS+にフォーマットし直し、中身をごっそり移動させることにした。 TeraStation も初期型の 500GB だし、これも寿命かな...

マイクロソフト包括協定

高専では、マイクロソフトとの包括協定にて、 学生・高専教員であれば、自宅パソコンにもWindows(Upgrade),Officeを入れられる。 といっても1台だけ... ということで、協定合意届をだして、売店にて1枚1000円のメディアを購入。 "LICENSED FOR USE ONLY BY STUDENTS AND FACULTY" の文字が輝く... Windows 7 Ultimate(upgradeライセンス,32bit版)と、Office Professional Plus 2010 を入手。

1010281251_320x240.jpg

学生さんと話していると、相変わらず何人かの人が、 「ウィルス対策ソフトは重いから使っていない」 ということを平気で言う人がいる。 これに記載されている方式[※]は、ある意味序の口なんだけど、 こういうテクニックがあることさえも知らないんだったら、 「自分はパソコンに詳しいから、ウィルスにはひっかかりませんよ!」 ということは、決して言ってはならない....

[※] : アラビア文字などを代表とする文字は、右から左に文字を書いていく。 こういう文字を正しく表示するための、 Right-to-Left Override という機能を使ったファイル名偽装のテクニックの紹介記事。

TeraStation を使っているが、Windowsファイル共有のファームウェアが、samba 2.x 系 であるため、Mac,Linuxからマウントすると漢字ファイル名が文字化けしてしまう。 "mount -t cifs .... iocharset=xxx,codepage=xxx" などを色々試すが、やっぱり無理。

ひとまずMac側からは、TeraStation 側で AppleTalk を動かし afp で接続したら、 文字化け問題はなくなった。 相変わらず、Linux 側からは文字化け。"mount -t afp" のネタを探すけど、 見つからない。

Windows Vista Upgrade Advisor

Windows Vista Upgrade Advisor

ついに Windows Vista が発売開始。 といっても、売りと言われていた検索機能の強化も表面的な程度だし、 Windows Aero による操作画面も、気持良く利用できそうなパソコンは そう何台も無い。 また新しい環境でトラブルが始まっても困るし、当面は様子見状態。 だけど、将来的に Aero が気持良く動いて欲しいし、現在のハード環境が どの程度 Vista 仕様で耐えられるか、Windows Vista Upgrade Advisor で性能テスト。

問題点は、

デバイスでは Tekram SCSI アダプタが NG、 インストールソフトでは、あんまり使っていないけど Bluetooth が、 動かないそうだ。他にも実質、大きな問題は無さそうだけど、 動かなくなりそうなものもあり、やはり様子見だな...

Windows Media Player ver. 11

同じく、Windows Multimedia Player ver. 11 が正式公開。 さっそく入れてみるけど、利用頻度が高い訳でもなし...

実験で使う学生用端末で、 特定アカウントで Word のツールバーが何も表示されない状態になってしまった。 「ツールバー/メニューバーが表示されない」 を参考に、ユーザ設定情報を読まずにワードを起動すればいいらしい。 ということで、

START→ファイル名を指定して実行→"winword /a"

学校にて導入している、Norton AntiVirus Corporate Edition 7.6 が、ライセンス切れ となり、同社 Symantec Anti Virus Corporate Edition 9.0 に更新することに なっている。 自分のマシンは、すでに更新を行っていたが、学科の演習室のパソコン群を 一括して更新する。しかし、新規に導入した2台のパソコンだけ、 「InstallShield Wizard 完了-ウィザードは、 Symantec AntiVirus Corporate Edition のインストールを完了する前に 中断されました。 」と表示され、インストールに失敗する。 同メッセージにて、Google にて調べると、以下の処理が必要みたい。

手動アンインストール

うーん、でもダメじゃん。

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちWindowsカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはMacです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。