JABEEの最近のブログ記事

高専や大学では、学校運営の適切さを評価するための機構として、 認証評価というシステムがあり、5年周期で大学評価学位授与機構によるチェックを受ける。 本高専では、前回の受審から5年ということで、平成24年に2回目の審査の予定となっている。

前回の審査では、JABEE委員・認証評価委員ということで、受審の資料作りに参加していたことから、次回審査で経験を活かすという意味で、再び認証評価委員となる予定...(T_T; ということで、 説明会に参加した。東京で6/1(火)13:00-17:00の説明会で、他の5名の方と「東京日帰り出張」という、 ハードスケジュールにて、説明を聞いてきた。 説明は、以下の5テーマで行われた。

  1. 高等専門学校機関別認証評価について
  2. 評価基準の資料作成にあたっての留意事項
  3. 教育の質の保証にあたっての資料
  4. 自己評価の方法などについて
  5. 申請手続きの流れ

という感じで説明を受けた。特に前回受審との違いについての変わった点では、 現状実施のエビデンスでは不足していると思われる点がいくつか見受けられた。 特に、説明者が何度も繰り返し説明していた点は、 高専の目的として、『使命・基本方針・達成目標』について明記して、この点を満たしていることを示す客観的なエビデンスが必要という点であった。

どちらにしろ、エビデンス作りなどでは全学的な取り組みも必要だし、 他の先生への説明という点で、みんなそろって 「配布のパワポ資料レジメの電子データを配布して欲しい...」 との感想で終わりました。

JABEE受審説明会

本校は、5年前にJABEEを受審し認定され、 途中で中間審査を経て、 今年は再び新規審査となる。

そして、夏の間に審査書類を提出し、10/25,26,27の3日間には実地審査が行われる。 これに合わせて、受審にあたっての説明会が開催された。 JABEEの趣旨の再確認のあと、JABEE委員の方により本校の受審プログラムの、 前回受審時からの改善点とその内容の説明をうける。 以前、JABEE委員をしていたので準備の大変さを理解しているからこそ、 その大量の情報を必要最小限にまとめて説明され、 改めて現在のJABEE委員の先生に『ご苦労様』と言いたい。

4EI学生にJABEE説明会

JABEEカリキュラムに組み込まれる4年生に対する説明として、 学習教育目標などの説明を行った。

産業界でのJABEEの意義、技術士一次試験免除を説明し、 学校内でのより良い教育のための活動なども説明する。 目標とoutcomesの違いなども交えながら、専攻科での修了要件として TOEIC400,学外発表,情報系資格試験,学士取得,etc...なども紹介する。

最後に、35の学習教育目標の細目を、簡単に説明していく。 まじめなネタばかりだと、眠くなるので、A(2)の異なる文化の理解必須の事例として、 Rギア のネタといった内容も雑談的に取り上げた。

情報処理に関する資格試験

JABEE において、情報処理の知識習得を条件とするために、 専攻科生にいずれかの資格の取得か、情報処理の総合試験(技術士試験問題相当)合格 を修了要件としている。 しかし、資格試験の見直しが必要なので、試験内容を追いかけている。 うーむ、細かく『級』が設けられている試験では内容が簡単すぎるものや、 ワープロ操作技能しか要求していない試験も含まれる。

審査2日目

審査待ちの時に他の委員の人と雑談してたら、 明日が文化の日であることをすっかり忘れていることが判明。
# JABEE審査と来週からの工場見学旅行ばかりが頭を占有。

あんど、ひとまず、無事審査修了。 結果の公式発表はまだ先なので、ぼやかしておくけど 「5年はダメだったけど、残念会じゃなくてよかったね...」 という結果になりそうです。 継続的な資料の蓄積がないとOKにならない項目もあるので、 妥当な結果でしょう。

今日はJABEEの実地審査の日

私関連では、電子情報の実験設備見学と、 生産システム実験の見学で2回対応を行う。 実験では、実験成績の評価方法をどうするかを尋ねられる。 回答はしたけど、複数のレポートのネタを「総合的に評価」なんていう 曖昧な言葉を思わず使ってしまったのが、自分的にマイナス。はぁ...欝...

演習室の掃除

JABEE の審査当日は、施設見学の中で見られる可能性もあるということで、 演習室の掃除を行う。今までの卒研で溜った不燃ゴミも多いし、 プログラムコンテストや自走模型の作業で乱雑になった所もあり、 思ったより時間がかかる。

シラバスデータの整理

JABEEの自己点検表のためのデータ整理として、シラバス記載の中から目標と評価方 式を 抜粋した資料を作成している。まだ終らない....
WWWによる一括データ管理システムがあれば理想なんだが、 福井高専内部のシラバスの細かい記載ルールに対応したものが簡単に作れる訳でもな く、 延々とExcel整理。下手にWWWで管理すりゃ便利なのに、なぜしないの?というと、 「じゃぁ、斉藤さんお願いします!!」になりかねない。
Excelから必要なものを抜き出しながら、2次資料、3次資料をまとめるシステムがあ れば それなりに可能なんだろうけど、 これまた「できる!」というと、「お願いします!」になるんだろーな。

達成度チェックシート

JABEEでは、学生各自が学習教育目標を達成しているのかを、 チェックできるようなシステムが要求されている。 JABEE向けの自己点検書で、各自の達成度の資料を簡単に 作成するためのExcelシートを作成した。 専攻科の学生さんは、一度このシートを使ってチェックしてみましょう。

TOEIC 400点

JABEE受審では、TOEIC 400 点が必須。 でもJABEE=卒業要件である必要から、 専攻科で英語専門の授業が必要だと思う。 そんで、400点相当が合格要件になるような、 英語科目がないとだめじゃん。

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちJABEEカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは出張です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。