認証評価の最近のブログ記事

今年度は、福井高専では学位授与機構にによる認証評価とJABEE審査が行われる。 講演では、認証評価に備えた説明があった。

この中で、特徴的と思われる点は、第2サイクルの評価に当たり、 「学生による事前学習」が重要とのことであった。 このため、シラバスには事前学習の内容を明記などが、必要となりそう。 特に各週毎に明記が理想とのことであった。

うーむ、シラバスの管理システムに、記述欄そんなに増やせるのかな...

2011年度授業アンケート

授業アンケート(2011年度)のデータが送付されてきた。 ということで、例年通りそのまま記載。

データベース

75.9→77.8でポイントは微増。 黒板やOHP資料のポイントが低い。 担任クラスでもあり、甘めの評価の懸念あり。

情報構造論

81.3→82.3でポイントは微増。 黒板やOHP資料のポイントが低い。 意見欄では、良かったや分かりやすかったの意見があり、 総じて良い評価であったと思われる。

創造工学演習

時間不足を指摘する意見が多い。 前年度の授業段階から事前準備などの提案もあり、 目的意識を持って取り組んだという意味では、良い傾向と思われる。

プログラミング応用

77.3→81.0でポイントも上がっている。 この科目では、黒板OHPのポイントが特に悪いという程ではない。 意見欄でも、プリントが分かりやすいとか理解が深まったとの 好印象な意見が得られた。 一方、授業中の演習が座学と区別しているため、実際にどんな動きをするのか見てみたかったとの意見もあった。

計算機システム

来年度は認証評価の中間審査(予定)と、JABEEの審査が重なる。 んで、認証評価の準備の委員なので、ちょいと準備...
色々と書類を書くためのデータや、その分析などをしなければならない。

そろそろ年度末で、例年実施の授業アンケート。 来年度からは認証評価やJABEEなどもあるために、 学生さんに「学習・教育目標を知っていますか?」の アンケートを実施したいとの要望から、 授業アンケートシステムに機能の追加処理を行った。

といっても、単独で単発的なアンケートでもあり、 必要最小限の変更で済ませるように、 汚いハードコーディングif($subject=="学習教育目標アンケート")...的な、 場当たり記述での対応。

ただ依頼自体は「アンケート追加してね」だけど、このまま実施すれば、 「学習・教育目標なんてシラネ」と答えられてしまいそうだし、 文面の中に、学校該当ページへのリンクを表示するように、 追加修正を行っておいた。

東京にて開催された説明会に、参加する。 平成18年度受審校を対象とした説明であり、 今年度受審の福井高専としてみれば、実地審査の内容を 詳しく説明を受けたかった。 しかし、認証評価の委員に今年度から追加された身としては、 全体像を分かっているはずだけど見落とししている点を再発見し、 改めてシステムを理解し内容を確認することができた。

認証評価のための自己点検書を作成していたが、原稿が完成し、 添付資料とするシラバスなどへインデックスの付箋の張り付け作業を行う。 といっても、極めて単調な作業を昼から延々と続けている。 会社に勤めていた時の新人の時に、クレーム処理で納品先で不良品交換作業 で半田づけを延々とやっていたことを思い出す.... さあ、あとちょっと気分転換のあと続きをするか....はぁ....

認証評価についての情報

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち認証評価カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは歯みがきロボコンです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。