研究の最近のブログ記事

DTNネットワークに参加

先日のプロコンで、課題部門の作品(WT)に興味をもってくれた スペースタイムエンジニアリングさんの紹介で、DTN(遅延耐性ネットワーク) のワークショップに参加。災害時のネットワークを意識した 様々な発表があった。 以下、実験中で公式発表でないものもあるので、キーワードだけ抜粋。

オフローディング:災害時のネットワークでは、混雑して使えない時は、 (a)時間的(空いてる時に送る)、 (b)空間的(つながる場所に移動して送る)、 (c)通信経路的(WiFi,3G,LTEなど通信路を切換えて送る)

蓄積運搬型のデータ伝送:FireChatなどのすれ違い時にデータを蓄積 運搬するデータ伝送では、端末密度の違いに応じて送り方を変えないと、 無駄なネットワーク通信が発生する。 高密度の場所では、広範囲の交信履歴のある効用値の高いものに送る。 低密度の場所では、区別せずに送る。 GPS情報で有効なすれ違いができた場所を記憶するとどうかな?

蓄積運搬型で、過密度の場所ですれ違いする場合には、マルチキャストや ブロードキャストで配信できないか?

南紀白浜で、被災時のネットワークがどうなるか、人や車の動きを考慮 したネットワーク状況をシミュレーション。観光地であれば、 旅行者2万人、住人1万人程度の想定が必要。 被災時には、メッシュネットワーク構築が重要。ルータにユーザ通信用、 WiFiメッシュネット構築用の2系統を付けて、平常時はFree WiFiスポット で災害時にWiFiスポット間通信でメッシュネットを構築させたい...

災害時にメッシュネットを効率よく構築したい。自律ロボットが、 ZigBeeのAPをばらまいてメッシュネットを構築させたい。 電波強度が限界に近づくと2つ目のZigBeeのAPを落としていく。 直進しながら距離を稼ぐメッシュネット構築。 または、自律ロボットがAPとなり、隣接APと電波強度がギリギリに なるまで、拡散移動し、面積的な広範囲のメッシュネット構築。

すれ違い通信時に端末の軌跡情報を元に、通行不能場所を推定できないか?

すれ違い通信でBLEでは、送れる情報が少ない。WiFiを併用して通信量を増やしたい。 BLEでWiFiのSSID等の情報を送って、その後はWiFiをDirect通信に 切り替えて、大量通信を行う。WiFiのDirect通信切換えにかかる時間が問題。

StarBEDの活用事例として、災害時ICT検証のプラットフォームNERVF。 若狭湾周辺の災害時ICT挙動シミュレーションに取組中。

災害時に人の存在情報のセンシングができないか? スマートフォンの加速度&音情報で混雑検出ができないか? 群衆を撮影したツイート画像から、混雑情報を検出できないか? 背景差分法で、同一背景でなくても、特徴量検出で対応箇所をマッピング してから、背景差分を行えば若干の撮影位置の違いがあっても、 背景差分法ができる。 風景写真でオプティカルフローを求めると地表面が求まるので、 地表高を考慮すれば、誤情報をrejectできるはず。

科研費に関する講演会

科研費の最近の動向

アメリカのNSF、NIHと比べてまだまだ少ない。

科研費への「基金化」の導入。前倒しや繰越が容易になった。

11月上旬までに調書提出、12月第一段審査、2月第二段審査、3月内定。

審査員は大量の審査を行うので、専門過ぎない説明や図を活用した説明が重要。 新規性や優位性をわかりやすく。 評価は、学術的重要性、妥当性、研究計画方法の妥当性、 独創性革新性、波及効果普遍性、研究遂行能力と研究環境の適切性。

不正使用に関する事例。捏造、改竄、盗用。

研究成果の公開。研究成果報告書、謝辞で科研費を明示。

高専の持ち味を生かして手中に収める科研費

VOS塾形式/グループディスカッションをすることが重要。
# 活力(Vitality)、独創力(Originality)及び世のための奉仕(Services)

科研費は予算申請書。欲しいものにアイデアを出す。

グループディスカッションの方法。5分で理解できる内容か、ワクワクする内容か。 パワポA4×1枚を5分で説明する資料にできるか。

キーワードには専門用語と数字を交えた具体性。 2年目3年目の実験が、目に見えるように。PDF資料で審査されるんだから資料にリンク埋め込みもあり。 自身の実験を踏まえた秘密のような具体性を示す。

遠隔との力覚フィードバックによる技科大・高専連携プロジェクトの一環で、 豊橋技科大の人間・ロボット共生リサーチセンターの施設を 見学。

1309081917-1_800x600.jpg
1309081917_800x600.jpg

InterFace 2013/1月号...

Interface誌の2013/1月号が、「人間センシング」をテーマの記事で 興味深いので Amazon でさっそくポチって、見ている。

Zeemote JM1

Android端末とBluetooth接続で、特にハードウェアを起こさなくても センシングができる機器ということで、ZeemoteのJM1が紹介されている。

すごくシンプルで簡単やな...

Kinect関連の技術の説明も面白い

Kinectは、赤外線のランダムドット照射機能と、数センチ離れた赤外線カメラで 奥行きを検知している。このため、赤外線照射を止めれば、暗視カメラとしても 使えるとな。2m離れた場所で約3mm以下の精度で奥行きを測定可能。

北陸支部連合大会に参加

体調不良で変な汗をかき、ゴホゲホしながら、連合大会に参加しました。

C言語学習に萌え要素を取り入れるといっても、 マニュアルだけでは意味がない。 プログラミング言語は、実際のプログラムの試行錯誤の経験が重要だろう。

授業ビデオ検索システムは、すごく興味が持てた。 撮影したビデオを音声認識させ、検索ワードでシーンを探せる。

シフト制の職場の勤怠管理(シフト作成支援)環境は、 Web上で動き面白い。シフト自動作成ではないけれど、 シフト作成者が忘れがちな微妙なノウハウを、警告なり で支援してくれる機能などが明言されていれば、 もっと興味がもてた。

Twitterを観光アピールにつなげるための、地域イベント 抽出ソフトは、個人的にも面白かった。 GEOタグ付きのTweetを集めるけど、Botなどのゴミを 地域に関連したユーザリストを、利用しフィルタリング とのことであった。盛り上がっているイベントは、 ハッシュタグも活用されるので、その扱いなどが あればさらに活用できないかと興味が持てた。

萌えおこしのデータベースを作ろうとの発表は、 萌えおこしでは、画像や盛り上げたキーパーソン が重要という説明の割に、それをどうデータベース化しようという 話が無かった。 Web-DBアプリ作るとの話であったが、Wiki 使えばいいじゃん。

MS-Excelと連携可能なWeb出欠管理システムは、 出席管理をExcelで扱える利便性を考慮し、ODBCを使って...とのネタ。 技術的には面白いけど、Excelを使い続けたいという人種の方は、 データベースに接続とか面倒なことは大嫌い。

スマホで家電製品の遠隔操作システムのテーマは、 個人的にも手抜き実践して遊んでいるので、興味があった。 外野の方の質問で、複数部屋への拡大などの質問があった。 しかし赤外線リモコンは、フィードバック制御ができず、 Webカメラと併設が必須、んでこれが面倒...

画像処理による収穫判定

1207201310_960x640.JPG

村田先生の所では、共同研究にてトマト収穫の判定のための画像処理を 試しているそうです。 んで、成果物ということで、お裾分けを頂きました。 トマトは、ダイエットにいいんだよ....とよく食べてますが、 美味しく頂きました....。

でも実験というからには、収穫時期を逃した"熟れきった"サンプルも必要でしょうが、 これは、Bestタイミングなサンプルです。

C++0xを使う

前述のグラフのプログラムで、隣接行列を"vector< bitset<8> > a ;"で宣言すると、 その初期化において、"a.push_back( bitset<8>( ... ) ;" を使って、 手作業で要素を初期化していた。 文法的にも、ややこしそうなものをクラスに渡すことになるし、しかたがないと思っていた。 でも、改めてC++の解説を読んでいたら、C++0xであれば、使えそうな文法が...

// bitsetのベクトル
vector< bitset<N> > a = {
  bitset<N>( 0x02 ) ,
  bitset<N>( 0x0D ) ,
  bitset<N>( 0x42 ) ,
  bitset<N>( 0x12 ) ,
  bitset<N>( 0x28 ) ,
  bitset<N>( 0xD0 ) ,
  bitset<N>( 0xA4 ) ,
  bitset<N>( 0x60 ) ,
} ;

ただし、この機能は、g++4.4.5であれば、"error: in C++98 'a' must be initialized..." とエラーが 表示されてしまう。コンパイルするときには、次のように書くみたい。

$ g++ -std=c++0x graph-bitset.cxx

C++0xを読んでいたら、LISP屋の飛びつくラムダ式なんてのが書いてあったので、 思わず試さずにはいられなかった。

vector<int> a = {
  1,2,3,4,5
} ;

int main() {
  int sum = 0 ;
  for_each( a.begin() ,
            a.end() ,
            [&sum]( int x ) {
              sum += x ;
            } ) ;
  return 0 ;
}

試してみたけど、動かんじゃん....でも調べてみると、g++4.5以降とな...

年度末も近づき、学科予算での未執行分での購入物品の相談を受けていたが、 最終的な案を提示する。 WiFi環境の改善ということで、各フロアのAPをハイパワー11n対応...これはすんなり 皆さんも納得しそう。 WiFiの上流に設置しているFERECルータだけど、最近故障修理をした所なので、 購入なんだけど、後継機種がでていないので、躊躇している。 見積もり価格も30万そのまんまだし...

高久先生と雑談していたら、学科サーバの更新もいいのではないかとの案が浮上。 パソコン工房さんで、サーバ用をちょちょいと構成を考えて、33万円。 ちなみに、学科サーバmaisyちゃんは(長男が保育園時代に気に入っていたキャラクター ということで命名しているので....)軽く5年は経過。 サーバの/bootディレクトリをのぞくと、2003/4/1というファイルがある。ということで、約8年... 途中でHDD入れ替えは一度あったけど、確かに長生き。 しかしながら、学科実験用サーバsherryも控えているので、maisy→sherryの移行も可能 だし、悩みどころ。

ということで、WiFi用ルータをとるか、サーバ更新をとるか...と考えていた。 しかし、今日の校長年頭あいさつにて「機構より各教員+5万の研究費」という お年玉があったようなので、学科の教員研究費を持ち寄って、両方買えば...という案も出てきた...

作業因子法(Work Factor plan)

マウスやタッチパネル操作の分析に関係したテーマで 特別研究をしている学生さんの、修了認定試験の仮想問題のネタで、 雑談。 こんな問題出るかもよ...ということで、 「操作対象が小さくなると、作業時間にどう影響でるか?」という質問をしてみた。

こんな話をするのは、高専就職前の職場ではIE課という所で、 作業効率化のためのコンピュータ導入ネタをやっていた。 ただ、本来の生産管理(IE:Industrial Engineering)では、 行程作業者の作業のムダの分析も重要な仕事。 んで、その課の勉強会では、作業因子法(Work Factor plan)という分析手法を 習っていた。 んで今回のタッチパネル操作の研究テーマだと、 ターゲットまでの距離や大きさや注意の必要性を考えれば、 Work Factor法でパネル操作に要する標準時間が求められるはず...。 というアドバイスをしてあげたかったんだけど、 IE仕事をしてたのは、ほぼ20年前の話。 Work Factor法という単語にたどり着くのに、ずいぶんとググらなければいけなかった。

昨年度も引き受けて実施した、技術系工業高校の先生向けの制御技術の講習会を、 演習室にて、8/25,26の2日間実施しています。 内容は、Arduinoを使ってライントレースロボットを制御という内容で行っている。 ただ、昨年度はH8/3664Fを使って同様の講習会を実施しているが、 昨年受講した先生が再び受講されている人も含まれるので、 プロセッサが違うとはいえ、新しいネタも盛り込む必要があった。 そこで、今年度はArduinoだしアナログセンサーを使ったり、 Processingと連携させてフィジカルコンピューティングの導入...ということも目指す。

1008251513_320x240.jpg

講習にあたって、資料を作ったけど公開原則ということでぇ~。

講義資料は、すべてページに上げて、それをブラウザで見てもらいながら作業...の予定だったけど、 先日のお盆休みにて学科愛用のFERECルータが暑さ(?経年変化?)で故障。 だからパソコンつなげて...ができない。 途中で、USB-Serialのドライバがない...とかいうたびに、USBメモリに入れて配布...と、 ちょっぴりドタバタ。

といっても、Arduinoは命令もシンプルだし、回路図は Fritzing で書いたブレッドボード上の 配置図付きで、回路トラブルもほとんど無かった。 ライントレースの車体も KIROBO を使っているため、ギアボックス組立ても無し。 だから、大きなトラブルもなく1日目を無事終了~。

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち研究カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは実験です。

次のカテゴリは講義です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。