Raspberry-Piのカメラをサーボで制御したい

I2Cを認識させる

(( i2cを認識させる設定 ))
$ sudo raspi-config
## 8 Advenced Options" -> "A7 I2C" よりI2Cを標準で認識するように設定
## /etc/modprobe.d/raspi-blacklist.confのblacklistがコメントアウト
# blacklist i2c-bcm2708 
## /etc/modules に以下の行が追加される
i2c-dev
i2c-bcm2708
$ sudo reboot

(( i2cが認識されたか確認 ))
$ sudo aptitude install i2c-tools

$ ls /dev/i2c-*
/dev/i2c-1
## Raspberry-Pi によっては、/dev/i2c-0 となるかも。
$ sudo i2cdetect -y 1
     0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  a  b  c  d  e  f
00:          -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
10: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
20: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
30: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
40: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
50: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
60: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
70: -- -- -- -- -- -- -- -- 
## まだi2c機器を何も繋げていない...

(( i2cをユーザで使えるように ))
$ ls /dev/i2c-1
crw-rw---T 1 root i2c 89, 1  9月 10 09:02 /dev/i2c-1
## i2cを使うためのグループにユーザpiを加える。
$ sudo adduser pi i2c

カメラ制御で使うもの

 

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このブログ記事について

このページは、T-Saitohが2015年9月10日 09:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「LabVIEW講習会3日目」です。

次のブログ記事は「データベース・ガイダンス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。