緊急連絡システムのmuninが止まってた...

昨日よりニュースで、北陸地区での豪雨警報がでている。 緊急連絡のメールが沢山飛ぶ可能性もあり、 サーバの状況を監視してみる。しかしながら、監視用に動かしている munin の データが、5/1 を最後に更新されていない。 丁度、Debian の更新などをかけていた時期だし、その影響と思われる。

/var/log/munin/munin-update.logを見ると、以下の様な履歴が大量に残っている。 調べてみると、munin のデータをネットワーク越しに返信する、munin-node が正しく動いてないとのことであった。

(( /var/log/munin/munin-update.log ))
2013/06/19 09:35:01 [ERROR] Munin::Master::UpdateWorker
<localdomain;localhost.localdomain>
died with '[FATAL] Socket read from localhost.localdomain failed. 
Terminating process. at 
/usr/share/perl5/Munin/Master/UpdateWorker.pm line 139

改めて、munin-node の動作確認をすると...以下の様なエラーがあることから、 munin-node.conf の allow 項目を修正する。

(( /var/log/munin/munin-node.log ))
2013/06/19-09:34:29 [3696] Denying connection from: 192.168.xx.xx
(( /etc/munin/munin-node.conf ))
allow ^(127\.0\.0\.1|192\.168\.xx\.\d+)$

さらに、apache access の状況も確認できていない。 これは、apache の mod_status の問題。

(( /etc/apache2/mod-enabled/status.conf ))
<Location /server-status>
    SetHandler server-status
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 127.0.0.1 ::1
    Allow from 192.168.xx.0/24  ← 追加
</Location>
 

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このブログ記事について

このページは、T-Saitohが2013年6月19日 09:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「仮想関数を使った図形クラスから多重継承」です。

次のブログ記事は「リストへの追加と挿入」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。