wheezy登場でoldstable運用

Debian 7.0(wheezy)の登場で、自分の管理しているサーバのいくつかは、 メンテナンス作業を行い、wheezy(stable)や、jessie(testing)に移行を終えた。 しかしながら、メインでサービスを動かしているサーバは、 移行で動かなくなりそうなサービスもあって、気軽に wheezy に移行できずにいる。

しかたがないので、3週ほど更新せずにいたけど、 そろそろ何らかの更新体制に設定する必要がある。 ということで、軟弱運用だけど、oldstable(squeeze) を利用するように設定した。 でも、oldstable も大抵1年間ほどなので、夏休みにでもボチボチ移行せねば...

 

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このブログ記事について

このページは、T-Saitohが2013年5月26日 19:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「派生・継承と仮想関数」です。

次のブログ記事は「電子情報無線LAN-APのファーム更新」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。