debian/wheezy で qmail を入れる

Debian/wheezyのstable化が近づき、メイン稼働でないものから、 squeeze から wheezy に切り替え作業。 といっても、ちょっと心配なので、不要パッケージを削除して、 testing 用の sources.list を加え、ひとまず stable にとどめておく。

この作業で、update したら、qmail が更新された。 しかもお堅い配布方針で qmail-src から入れるしかなかった qmail で バイナリパッケージが提供されている。しかしながら、設定の方針の違いで パッケージのインストールに失敗した。

いまどき、postfix 入れろよ...という意見もあるだろうが、ひとまずはサービス維持を優先。

qmail を更新すると、alias のグループIDが、今までは nogroup/65534 になっていたけど、 nofiles というグループを作ってそれを使えとの指示。 さらに、ホームディレクトリを /var/qmail だったのを /var/lib/qmail に変更しろとの指示。

(( /etc/group ))
nofiles:x:64011:

(( /etc/password ))
alias:x:64010:64011:qmail alias,,,:/var/lib/qmail/alias:/bin/false
qmaild:x:64011:64011:qmail daemon,,,:/var/lib/qmail:/bin/false
qmails:x:64012:64010:qmail send,,,:/var/lib/qmail:/bin/false
qmailr:x:64013:64010:qmail remote,,,:/var/lib/qmail:/bin/false
qmailq:x:64014:64010:qmail queue,,,:/var/lib/qmail:/bin/false
qmaill:x:64015:64011:qmail log,,,:/var/lib/qmail:/bin/false
qmailp:x:64016:64011:qmail pw,,,:/var/lib/qmail:/bin/false

(( /etc/init.d/qmail ))
sh -c "start-stop-daemon --start --quiet --user qmaild \
  --pidfile /var/run/tcpserver_smtpd.pid --make-pidfile \
  --exec /usr/bin/tcpserver -- -R -H \
  -u `id -u qmaild` -g `id -g qmaild` -x /etc/tcp.smtp.cdb 0 smtp \
  $rblsmtpd /usr/sbin/qmail-smtpd 2>&1 \
  | $logger &"
 

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このブログ記事について

このページは、T-Saitohが2013年4月28日 09:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コンストラクタとデストラクタ」です。

次のブログ記事は「EI-OBが、海外で繋がる時代」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。